<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

はい、変態ですが何か!?(壊)

みなさまは、ジャニーズ事務所に所属する人気アイドルグループの一つであるNEWSという6人組を知っていますか?
──知っている?
う〜む、それは危険だ……。
──いえ、まだ大丈夫です、NEWSを知っているというだけならば。
だって、ヤマピー(山下智久くん)のことは、みんな知っているものね。
そうそう、彼のいるグループ。
彼は、何と言っても素敵。
「ちょいハピ」的には、ポスト・キムタクさんは彼しかいない!と思っています。
そのほかにも、数々のドラマで俳優としても大活躍の錦戸亮くん、バラエティーなどでもよく見かける手越祐也くん、番組の司会などもこなしてしまう小山慶一郎くん、それに、連ドラなどにしょっちゅう出演している加藤成亮〔しげあき〕くんなど、それぞれ、個人でも活躍しているから、何となく知っていたりしますよね。
──はい、まだ大丈夫ですよ♪
さて、今のところ、まだメンバーの名前は5人しか挙がっていないのにお気づきでしょうか?
まさか、まさかあなたは、残りの一人の名前を知っている、なんていうことは、ないでしょうな!?
……なに、知っているですと!?
……気の毒に。
あなたは、もう、身も心も魂も、すべて一緒くたになって、どこまでも翻弄され続けることから、逃れる術はないのです。
そう、あの魔性の子豚、増田貴久くん──すなわち、まっすーによって。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:増田 貴久
続きを読む >>
2009.01.23 Friday 00:05 | comments(4) | trackbacks(15) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 

まっすー、頑張れ!!

それで、まっすーことNEWSの増田貴久くんが出演するドラマ「RESCUE〜特別高度救助隊」が、今週末、1月24日(土)にいよいよ始まりますよね。
なので、いよいよ近づいてきたなあ……と思い、何となく緊張感を覚えつつ、いつものように携帯サイトのジャニーズウェブをチェックしていると……!!
彼の出演情報が、大量にUPされているではないですか。

1/22(木) 14:00 - 15:53 2時っチャオ!
1/23(金) 5:15 - 5:30 早ズバッ!ナマたまご
1/23(金) 5:30 - 8:30 みのもんたの朝ズバッ!
1/23(金) 11:00 - 13:00 ピンポン!
1/23(金) 14:00 - 15:53 2時っチャオ!
1/23(金) 16:52 - 18:55 イブニング・ファイブ
1/24(土) 9:30 - 14:00 王様のブランチ
1/24(土) 15:30 - 16:30 RESCUE〜特別高度救助隊ナビ
1/24(土) 16:30 - 17:30 チャンネル★ロック!SP
1/24(土) 18:50 - 18:55 ウィークエンドウェザー

……う〜ん。
何らかのツッコミを入れたくなりますね(汗)。
つまり、「もう、この際、出られる番組、一切合財、全部出ちゃえ!!」という、「もう、やれるかぎりのことはやっていこう! なりふり構っている場合じゃない!」といった、番組PRに対する強い強い意気込みが感じられます(こういうの、見習わなきゃと思う。いいと思うものを本当にPRしたいなら、私たちももっともっと死に物狂いにならなきゃね!)。

個人的に、幾つかの感慨が湧きます。
一つには、もちろん、祈るような思いでまっすーを応援する気持ち。
もう一つには、録画機器の空き容量が若干不安なことと、録画後の編集の手間を思っての面倒くささ(笑)。
まっすーは、たぶん、テレビ的にそんなに器用なほうではないと思うから、そこのところが少し心配ではあるのだが、……まあ、嵐の大野智くんに比べれば全然安心なレベルではあるので、きっと大丈夫でしょう(大野くんのファンの方、こんなところで引き合いに出してすみません)。
それより、ドラマ本編のほうは、どうなのでしょうか(こちらは逆に、大野くんみたいに演技力に定評があるというところまでは行っていないと思うから、ちょっと心配)。
CM(というか予告編?)とかで一瞬流れる映像、ぐらいまでしかまだ観ていないから、かなりドキドキ。
そもそも、どの程度映ってくれるのか、というのも未知数だし。

でも、それにしても、やっぱり夢のようです。
まっすーの連ドラ出演。
私がまっすーに堕ちて(「太陽のナミダ」の時でしたから、ちょうど去年の初めごろになりますね)から、初めての。
──これからの3カ月間、週1回の放映を、大切に味わいながら過ごそうと思います。

あっ、それから、えっと、23日(金)の「はなまるマーケット」には、このドラマに主演する中丸雄一くん(KAT−TUN)が出演予定なので、そちらも要チェックであることは、まあ、言わずもがなかな、とは思いつつ、一応付け加えておきます。

何はともあれ、言いたいことは、「まっすー、頑張れ!!」という一言に尽きます。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:増田 貴久
2009.01.22 Thursday 01:38 | comments(4) | trackbacks(2) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 

Pちゃん&智くん&まっすぅぅぅぅ!!(壊)

みなさま、恐縮です♪
と申しますのも、本日もまたまた、ジャニーズアイドル系テレビ番組のお話になってしまうわけで。

まず、今週の土曜日(1月10日)に迫って参りました、「コード・ブルー -ドクターヘリ-緊急救命-新春スペシャル」。
ドラマ自体に対する好き嫌いは別として、ヤマピー(NEWS・山下智久くん)が出演するかぎりにおいて、楽しみです。
また、それに伴い、明日金曜日(1月9日)の「笑っていいとも!」、ドラマ放映当日であるあさって土曜日の「めざましどようび」「GOGOサタ」「VS嵐〜最強王者決定戦〜」にも、ヤマピー様はご出演なさるようです。

「VS嵐」に関して、ちょっとだけ心配していることとして、嵐の5人が、Pちゃんのことを、ちゃんと、単なる事務所の後輩としてではなくて、将来的には自分たちをはるかに超えていくべき未完の大器として、正当に扱ってくれるといいんだけどな〜、なんて。
こんなこと言うと嵐ファンから反発されそうかな、とか、私ってヤマピーを買いかぶりすぎなのかな、とか、いろいろ思ったりもしますが、でも、ヤマピーのキャラから言っても、「王子様」として大切に扱ってあげてほしい、という思いがとても強いのだ!!
よろしくお願いしますね、嵐くんたち(とっくに収録は終わっていると思うので、今頃言っても遅かろうが)。

それから、何といっても、ふふふ、1月16日(金)スタートの「歌のおにいさん」ですよ〜!
嵐・大野智くんの、連ドラ主演作第2弾!!
今度は、前回の「魔王」とは打って変わってのコメディーとのことで、また別の意味で本領を発揮してくれそうで期待大。

で、やはりそれに伴って、1月10日(土)深夜の「ドスペ2 1月クール新ドラマスタート特番」、1月12日(月)深夜の「リーダー's ハゥトゥ Book」、1月14日(水)の「ナニコレ珍百景」と、バラエティー番組などへの出演がいろいろ決まっているようです。
ほかにも、まだ出てくるだろうから、日々、チェックは怠らないようにせんといかんですな!

それにつけても、ああ、次はいよいよまっすー(NEWS・増田貴久くん)だ……という思いが高まってきます。
1月24日(土)にいよいよ初回を迎える「RESCUE〜特別高度救助隊」
これはTBSなので、そうなると、「はなまるカフェ」(「はなまるマーケット」内のトークコーナー)とか、「東京フレンドパーク供廚箸、いろいろ期待してしまいます。
「フレンドパーク」に出てくれたら、まっすーの驚異の身体能力が炸裂しすぎてスタジオ騒然!!かも♪
……などなど、妄想が広がってしまうの(爆)。

しかし、まっすー、久々の連ドラで、演技のほうは大丈夫かなあ?なんていう心配も密かにあったりもします。
正直、番組の予告編的なCMが流れるのを何度か観ているのですが、やや微妙な気が(汗)。
きっと、手に汗を握りながら画面を見つめることになるんだろうなあ。
ちゃんと出番はたくさんあるのかな。
台詞はたくさんあるのかな。
驚異の身体能力を見せつけて、主役(KAT-TUN・中丸雄一くん)を食っちゃうぐらいの勢いを見せてくれることができるのかな。
う〜ん、何やら、楽しみでありつつも、心配な気持ちのほうが勝(まさ)ってしまったりするところが、いつもながら祖母目線。
可愛い孫の活躍を、祈るような気持ちで見守りたいと思います。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:ジャニーズ
続きを読む >>
2009.01.09 Friday 00:45 | comments(6) | trackbacks(8) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 

2009年1月1日、東京ドーム。

記憶があまり薄れないうちに、書いておこうと思います。
1月1日、東京ドーム。
そこでは、折しも、人気アイドルグループNEWSのコンサートが行われていました。
今回のコンサート──昨年10月25日の仙台公演をを皮切りに、来る1月12日の大阪公演で締め括られる──は、まあ一種のそれがコンセプトということでもあるのでしょうが、PARTYと呼称されています。
おそらく、何らかのパーティーに参加するような、華やいだ気持ちで会場に足を運び、楽しんで帰ってほしい、というような意味合いだったのではなかったかしら。
私の理解ではそんな感じだったかと思うのですが、もし違っていたらすみません(汗)。
え〜と、それで、何の因果かその場に居合わせた私としましては、そのステージの模様と、受けた印象などについて、非常にざっくりと述べてみたいと思うわけです。
「何の因果か」などと申しましたものの、まあ、「ファンクラブ枠で申し込んだところ、当選し、チケットを入手できたため」というのが、より正確な表現になりましょう。
思いの外、良席で、アリーナ席の右手前方、といったあたり。
かなり間近に、出演者の方々をガン見することができました。

生まっすー(増田貴久くん)。
以前、1年以上前のことになりますが、V6のコンサート会場で、観覧に来ていたところを舞台に上がって(上がらせられて)挨拶してくれた、豆粒のような(距離的にそうなりました)、あの生まっすー以来、二度目。
そして、あの時はまだ、堕ちてはいなかったわけだから、つまり私にとって、堕ちてから初めての、生まっすー。

踊りがきれいだった。いつものとおり。
丁寧に、美しく踊ってくれていた。心を込めて。思いを込めて。一つ一つ、大切に。
芸術的だった。
彼はきっとバレエダンサーとしても成功できただろうなあ。

彼には、これからも、そう、歌も、お芝居も、たくさんやっていってほしいけど、とりわけ、やっぱり踊っていってほしい、と強く思いました。
私が堕ちたのも、「太陽のナミダ」で踊る彼だったし、やっぱりね。
その、なんというか、一種、原点を思い出したなあ。

ちなみに、私の印象では、私の席が右手前方だったのに対し、まっすーはどちらかというと、逆に左手後方のほうを回ることが多かったような気がします。
だけど、ほかのお客さんたちもけっこうそうだったんだけど、みんな、自分の目当ての人がいる方向をてんでんばらばらに見ていたりもしたので、私も周りと全然逆でも気にせず(ま、迷惑にならん程度に)、遠くのほうのまっすーの小さな(それこそ豆粒的な)背中を、背伸びして(身長155センチですけど何か)、頑張って見つめちゃいました。
ちっちゃくても、後ろ姿だけでも、それは確かにまっすーで。
ほら、テレビとかDVDだと、もっとまっすーを目で追いたいのに、カメラに映らないと追えないじゃないですか、当然ですが。
それがけっこうフラストレーションなのですが、コンサート会場では、見えなくなっちゃった時や、どこにいるか分からなくなっちゃった時以外は、ずっと見ていられるから、そこがまず楽しいです♪
もちろん、私はヤマピー(山下智久くん)をはじめ、他のメンバーもみな好きなので、それぞれ、近くに来てくれた時はガン見させてもらいましたが♪

ヤマピーは、ダンスがかっこよかったなあ。
日記でも、最近、踊るのがますます好きになった、みたいなことを書いていた気がするけど、さもありなん、と思いました。
私の中では、あんなに踊る人っていうイメージがあまりなくて(もちろん誤ったイメージかとは思うんですが。いっぱい踊っているところを目にしているはずなので)、なんか新鮮でした。

(……まあ、最後のほうでTシャツを脱いで、その脱いだTシャツを客席に投げ込むのはやめたほうがよかったと思うけど……と、いちおう軽くつぶやいておこう。)

シゲちゃん(加藤成亮〔しげあき〕くん)も、faceがrealで(爆……あの場にいた人だけに分かる話ですみません)素敵だったし、亮ちゃん(錦戸亮くん)も不思議なテンションでめっちゃくちゃ可愛かったし、慶ちゃん(小山慶一郎くん)も、なぜか、「ああ、本物の慶ちゃんって、ほんとに慶ちゃんなんだ!」という、我ながら意味不明の感慨に包まれてしまいました。

手越くん(手越祐也くん)は、“攻め”の髪形が似合っていて素敵でした。
すぐ近くを通りすぎていった、その背中を見た時に、しかし、何か痛々しいような気持ちになってしまった。
あまりにも痩せて小柄だったので。
なんか小学生の男の子みたいな。
あんな小さな、痩せた体で、あんなハードなアイドル稼業をこなしているんだと思ったら、ああ、祖母的視点から、思わず涙しそうなのよ(笑)。
ちょっと、けなげな感じがして胸を突かれました。

それから、中央に設置された、ゆっくりと回転しながら上がったり下がったりする円形の小さなステージ。
あの上に立って歌い、踊り、回りながら上下する彼らを見た時に、でも、私、すごく、アイドルっていう仕事の特殊性を、改めて痛感したの。
たぶんね、そんなふうに感じたのは、NEWSというグループが、とてもアイドルらしい、とてもアイドルっぽいグループだからなのかもしれない。
華やかな衣装を身につけて、5万人もの女の子たち(一部、元・女の子や、男の子および元・男の子も含まれるが)にキャーキャー言われ、ライトを浴びて、注目される。
気持ちがよくないはずはない。
そういう、人前で歌ったり踊ったりするのも、きっと自分でも天職だと思えるぐらい、大好きなんだろうと思う。
だけど、ファンの子たちは、本当のところ、誰一人、彼らが心の内で何を思っているのかなんていうことを、理解しているわけではない。
虚像に夢中になっている観衆と、虚像を演じきっているアイドル。
自分たちに夢中になっているその子たちが、本当は自分たちの心の内を必ずしも分かっているわけではなくて、あるいは分かろうともしていないのかもしれなくて。
そこに横たわる強烈な淋しさを、一瞬、感じてしまった。
もちろん、ファンの子たちは(私自身も含め)、彼らを一部、すなわち知りうる限り、理解し、愛し、慈しんではいるし、彼らも、そのファンからの愛を、感謝をもって受け止めているはずなのだから、それは一種、とても美しくかつ幸福な関係。
だけど、それとはまた別なところで、職業としてのアイドルというものを見た時に、そこに漂う淋しさというものを、痛切に感じてしまったの、今さらながら。

ステージ自体は、とても素晴らしかった。
選曲も、全体の構成も、さまざまな演出も、ファンとしての視点を離れて見ても、すごく完成度の高い、一つの作品に仕上がっていたと思います。
NEWS自体の、グループとしての完成度みたいなものも、上がってきているのでしょうね。
一人一人も魅力的で、やっぱり私にとっては、嵐の次に好きなグループと言えそうです。

思ったより長くなってしまいました。
文中に、一部、根の暗い内容が含まれましたことをお詫び申し上げます。
NEWSには何ら落ち度も誤りもなく、ただ、私は個人的に、そういった物事の暗い面をわざわざ発見してじ〜んとするのが好きなの(爆)。
ご容赦いただけると幸いです。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:NEWS
2009.01.04 Sunday 00:43 | comments(6) | trackbacks(4) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 

黒髪短髪のまっすーに昇天するの記

ううっ、背徳の喜び。
何がって、このブログを書いていること自体が、ですよ〜!
そうなの、このブログって、改めて考えてみるに、つくづく、私にとっては「背徳の喜び」としか言いようがないのよね。
こんなものを書いている暇があったら、もっとほかにやることあるだろう!!という心の声に背きつつ、明らかにどうでもいいとしか思えないことを、恐ろしいほどの情熱を傾けて、ものすごく熱心に、書く。
ああ、これほどの愚行があるだろうか!?
──そう思いながらもやらずにいられないところが、何ともたまらないわけです。
たぶん私はブログ依存症なのね。
きっと、ギャンブルとか、あと、なんだろう、物騒な例を挙げればドラッグとかにハマるのも、こんな感じなのかもしれないなあ(もちろん薬物等については精神的なものばかりでなく肉体的な禁断症状も伴うんでしょうけど)。
まあ、そう考えれば、賭け事や薬物等に翻弄されるのと比べたら、ブログ程度の背徳なんて、大したことないよな〜!!

……いえ、別に酔ってはいないです(汗)。
念のため声を大にして明言しますが、完全に素面(しらふ)ですとも!!

こんな前置きを書いてしまうのも、今日は、実に久々に、まっすーネタを書いてしまおうかと目論んでいるから、なのかな。
まっすー、すなわち、NEWSにしてテゴマスの、増田貴久くん。

みなさま、ご覧になりましたか?
12月3日の、「FNS歌謡祭」。
(そう、井ノ原快彦くんの日記「イノなき」によれば、“「F:ファンキーな、」「N:ナンバーを、」「S:寿司。」歌謡祭”……汗)
もう、それはもちろん、嵐も出ましたよ。
「One Love」を歌ってくれて、例によってノーブルな衣装と振り付けで、とても素敵でしたとも(5人5様のの王子様ぶりを堪能しましたとも)。
はい、V6さんもご出演でしたね。
イノッチも、しっかり素敵でしたとも──客席でスタンバっている時の、無駄としか思えないハイテンションも含めて。
しかし、何といっても目玉は、「黒髪短髪のまっすー」、これでしょう!!

2009年1月スタートの、ドラマ「RESCUE〜特別高度救助隊」
そこに、主演の中丸雄一くん(KAT-TUN)の親友役として出演予定の、増田貴久くん、22歳(←なぜか年齢を入れたくなった♪)。
その役柄の都合上、黒髪短髪になるらしい、という話で、ここのところ、ファンの間では持ちきりだったわけです。
それを、おそらく多くのファンが初めて目にしたのが、このFNS歌謡祭だったわけ。

ヤマピー(山下智久くん)も素敵でしたよ、それはもちろんね、言うまでもなく、あえて言う必要などあるはずもなく。
彼はいつどこからどう見たって素敵に決まっているのだ。
だが、この際、問題はやはり「黒髪短髪のまっすー」なのだ!

結論から率直に申し上げよう。
別人かと思うほど、見違えるほどに、思わずドギマギしてしまうほどに(笑)、かっこよかったです。
彼は、けっこう前に、冗談半分で、「イケメンというよりハンサムと言われたい」みたいなことを言っていたことがありますが、実際、今の彼はイケメンというよりハンサムと呼びたい!!(笑……いや、ここは断じて笑うところではない!)

ほら、まっすーと言えば、ぷっくりほっぺにサラサラ髪、だったじゃない?
それが、黒髪短髪になったら、どうなっちゃうのか、さすがに私も心配だったの、少しね。
微妙な感じだったらどうしよう、なんて。
すごい、顔だけ真ん丸な感じになっちゃったらどうしよう、とか(笑……でも分かるでしょう!?)。
でも、それは全くの杞憂だった〜!
お顔のラインも、別人のように(笑?)鋭角的で、きりっとシャープで、そこに黒髪短髪でしょ?
もう、もはや相手が孫だったり娘婿だったりといった設定(←普段はそういう設定なのです、私にとってのまっすーって)を、一気に忘れ去ってしまうほどに、びっくりするほどにかっこよかった。

NEWSのパフォーマンス自体は、カメラも引き気味で、特にまっすーは、ほとんど映らなかったと言いたいぐらいだったし、他のアーティストさんのパフォーマンスの間に映像を抜かれるのも、ヤマピー:5割、錦戸亮くん:3割、手越祐也くん:2割、小山慶一郎くん:一瞬、みたいな感じで、まっすーなんて(加藤成亮くんもだけど)一度たりとも抜かれなかったりしたけど、でも、それでも、なんかチラ見程度の感じだったと言えば言えるけど、それだけでも、なんか満足。

このハンサムなまっすーを、来年1月から、毎週毎週、毎週毎週(←繰り返しすぎ)、見られると思うと、もうそれだけで、半ば昇天状態と言っても過言ではない(汗)。

今日もそうなんだけど、ほら、私ってまっすーのことを書くと、理性を失う(笑)じゃない?
だから、なるべく抑えていたりするのよね。
だけど、今日はもうどうにも我慢ならなかったのだ!(爆)

あんなにかっこよくて素敵だったら〜、またドラマでますますファンが増えちゃうし〜、もしかしたら主役の中丸くんを食っちゃうかもしれないですぅ〜!!
わ〜、そしたら、そんな姿がどこかの誰か(曖昧表現をお許しください)の目にとまって、今度はまっすーが連ドラ主役を射止めちゃうっていう、当初より私が(そしてたぶん多くのファンの方々も?)目論んでいる方向に、物事はとってもスムーズに進んでしまうかもしれなくってよ!?
わ〜、嬉しい悲鳴〜!
嬉しすぎる悲鳴〜!!!!!!!

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:増田 貴久
続きを読む >>
2008.12.07 Sunday 02:10 | comments(6) | trackbacks(3) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 

久々連ドラ出演&モバイルデビュー(←今頃!?)

久々に、まっすー(NEWSの増田貴久くん)ネタでも書いてみたりしちゃいます??
何せ、真夜中を通り越して、もはや明け方ですからね〜(汗)。

そうなの、まっすーネタも、けっこういろいろたまっているんですよ。
ここのところ、更新をサボることが多かったし、で、「どうしてもこれを書きたい!」っていうようなことがいろいろあったりして、いきおい後回しになってしまっていたのです。

ただ、これから書こうとしていることは、情報としては、いずれも、まっすーファンのみなさまにとっては、「え〜、今頃〜!?」って感じだとは思うのですが、まあ、ファン以外の方は、ご存じでない方も多いかもしれないから、いちおう、広く世に知らしめる的な意味合いにおいて、意義があるかな、ということで。

まずは、やっぱりね、もう、久々の連ドラ出演(「ダンドリ。」以来)ですよ〜!!

「RESCUE〜特別高度救助隊」

2009年1月スタートで、主演はKAT-TUNの中丸雄一くん。
彼は、このドラマが連ドラ初主演になるんですね。
なんでも、「スシ王子!」での演技が評価されての大抜擢、だそうですね。

中丸くんといえば、実に、まっすーと仲良しで、二人でディズニーランドに行ったりもする仲(といっても、それがプライベートだったのか、雑誌の取材か何かだったのか、ちょっと把握していなかったりもするのですが)、ということは、ファンの間では周知の事実。
きっと、息の合った演技を見せてくれるのではないかしら。

で、今度は、まっすーが、「RESCUE〜特別高度救助隊」での演技を評価されて、4月から、ないし7月から、あるいは10月からの連ドラ主演に大抜擢される!!という寸法でどうでしょう。
その辺も大いに期待したいところです。

内容は、上記のホームページによると、以下のとおり。

自らの危険を顧みることなく災害や事故から人命を救助するレスキュー隊。
そのレスキュー隊の最高峰・特別高度救助隊の活躍をTBSテレビで連続ドラマ化。
特別高度救助隊の隊員を目指して血の滲むような訓練をする若者たちの努力と命がけの救出劇をスリリングに、ダイナミックに描く感動作!


まっすーの役どころは、主人公の親友で、主人公と同じ特別高度救助隊候補生の役なんだって。
う〜ん、これ以上はないほど、ぴったりの役なのではないでしょうか。
私も、彼にはそういう、何かの候補生とか、訓練生とか、そういう役をやってほしいな〜って思っていたし、たぶん、彼の驚異的な身体能力(体操の選手か何かになってたら、オリンピックに行っちゃってたんじゃないか!?ぐらいの)をいかんなく発揮できそうだしね。

もう、めちゃくちゃ楽しみです。
実は内心かなり盛り上がっています(笑)。

それから、まっすーと言えば、もちろん、これも。

異色アイドルTU→YU(つーゆー)モバイルデビュー

これ、11月11日のニュースなのね。
ずいぶん古くなってしまって恐縮です。

東洋水産ホームページを見ると、新曲「そばにいるよ」着うたプレゼント実施中!!なわけです。
なんか、対象商品を買うと、当たり券が入っていて云々、とのこと(「30,000名様に当たる!」って書いてあるから、けっこう当たる確率は高いのかもね)。

しかし、まあ、私のような半端なオタクの場合、商品(それも、当たるとは限らない)をわざわざ買う、というところまでは行かないわけなのです(ごめんね、関係者のみなさま)。
それで、12月1日以降、携帯サイトのジャニーズウェブでもダウンロードできるみたいなので、私はそちらのほうを待とうと思っています。

まっすーファンのお友達と、よく、「もう、いっそTU→YUでデビューしちゃえばいいのにね!」なんて言い合っていたものですが、それはあくまでも冗談なのであって、まさか本当に実現するなんて思っていなかったから、このニュースを聞いたときは、驚くやら、笑っちゃうやら。

もちろん、CDが発売されるわけではないし、今後、TU→YUとしてアーティスト活動をしていく、ということもないんだろうけど(当たり前か……いや、待てよ、こうなったらそれもアリか!?)、それでも、ほとんど常に「まっすー欠乏症」(いわゆる「増欠」)に悩まされているまっすーファンにとっては、とても嬉しいことなのだ。

TU→YUって、CMで見るかぎり、けっこう、まっすーがメイン的なポジションだったりするので、そこも嬉しかったりするのよね。

……ちなみに、TU→YUというのは、「赤いきつね」などのテレビCMのために結成された“異色アイドルユニット”で、メンバーは、武田鉄矢、長野博(V6)、増田貴久(NEWS)、風間俊介、八乙女光(Hey!Say!JUMP)の5人です……念のため。

12月1日といえば、もう目の前ですね。
楽しみです♪

まっすーネタと言えば、そのほか、NEWSのコンサート──今回、「Party」と呼ばれているのですが──や、新譜「color」についてなども書くべきところですが、長くなったし、明け方だし(汗×2)、今日のところはここまでとさせてください。

──来年は、いよいよ、まっすー大ブレイクの年になるのかしら。
なんか、そんな予感が漂わなくもない今日この頃。
今後、最も目が離せないジャニーズアイドルの筆頭、だと思うんですよね、個人的に、やっぱり。
みなさまも、ぜひぜひご注目くださいませね!

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:増田 貴久
2008.11.24 Monday 05:10 | comments(4) | trackbacks(17) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 

NEWS増田貴久くんのダンスにおける表現力

このブログでも何度か取り上げている、10月1日に発売されたNEWSのシングル「Happy Birthday」。
何でも、NEWS、キンキに続く史上2組目のデビュー10連勝達成!なのだそうです。
記事の詳細を引用すると、以下のとおり。

6人組グループ・NEWSの通算10枚目のシングル「Happy Birthday」が、発売1週目で20.1万枚を売上げ、10/13付週間シングルランキングで首位を獲得。
2000/7/3付のKinKi Kids以来、8年3ヶ月ぶり史上2組目のデビューから10作連続シングル首位を記録した。
「Happy Birthday」は、SEAMO提供による楽曲で、NEWSが出演するKOSE『HAPPY BATH DAY』テレビCMソングに起用されている。


これって、たぶんすごい快挙ですよね。
嬉しいな。
よかったです。
まあ、ヤマピー(山下智久くん)の率いるグループなのですから、このぐらいは当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、やっぱり、彼らにはもっともっと伸びていってほしい!と思って応援している者として、とても喜ばしいニュースです。

それに事寄せて、というわけでもないですが、この機会に、改めて、そのNEWSのメンバーである、まっすーこと増田貴久くんの魅力について語ってみたいと思います。
主に、そのダンスのうまさ、表現力の豊かさはどこから来るのか、といった点について、思うところを述べてみます。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:増田 貴久
続きを読む >>
2008.10.08 Wednesday 02:09 | comments(13) | trackbacks(4) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 

私の「Happy Birthday」♪(汗)

今日はさすがに、何をさておいても、この話題になります。

本日(10月1日)、めでたく発売となりました。

Happy Birthday(初回生産限定盤)
NEWS

Happy Birthday
NEWS

そう、ここのところ、幾つかのテレビ番組にNEWSが相次いで登場していますよね。
もちろん、しっかりチェックしていますとも♪
CDTVスペシャル、HEY!×3スペシャル、そして今度の金曜日にはミュージックステーションSP──。
何やら、スペシャルばっかじゃん、という感はありつつも。

実はね、私、10月生まれなんですよ。
なので、自分の誕生月に、たまたまこの曲がリリースされるのって、個人的にちょっと嬉しいの。
そうかそうか、NEWSの面々が、わざわざ私の誕生日を祝ってくれるとは、うむ、苦しゅうない、みたいな。

……また、変なこと書くと、NEWSファンに呪い殺されるといかんから、この辺にしておこうか。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:増田 貴久
続きを読む >>
2008.10.02 Thursday 01:19 | comments(10) | trackbacks(1) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 

「ネオアンジェリークAbyss2」と「片想いの小さな恋」

そんなわけで、7〜9月期のドラマが終わり、10月からのドラマが始まるまでの、ちょっとしたエアポケット状態の今。
この秋の夜長をどう過ごしているかと言えば、そう、連ドラを観るのに忙しく、ついつい後回しになっていて、つまり、録画したままたまってしまっていた、これを観ています。

「ネオアンジェリークAbyss(アビス)〜Second Age〜」
テレビ東京・あにてれ「ネオアンジェリークAbyss(アビス)〜Second Age〜」

これは、もちろん、かのテゴマス(NEWSの手越祐也くんと増田貴久くんによるデュオ)がエンディングテーマ曲「片想いの小さな恋」を歌っているがゆえに観ているところが大きいのですが、そうは言いつつ、やっぱり物語自体がかなり面白いの。

テーマは、光と闇の戦い、という普遍的なもので、主人公の女の子アンジェリークを取り巻く何人もの若者たちが、それぞれ心に葛藤や苦悩を抱えて生きているのですが、その姿がまた、一つには萌えを喚起し、一つには、そう、何かを感じたり、考えさせられたり。
単なるアニメと思って侮るなかれ、という感じで、なかなかに深みのある物語です。

あと、脚本というか台詞回しなども面白いですね。
つまり、語彙が、けっこう古くさかったり、芝居がかっていたり、「若い子がこんなの知ってるかな?」って心配になるような種類の言葉もたくさん出てきて、そういう意味でも楽しめたりします。

興味のある方は、ぜひ一度観てみてください。
上記のホームページ(「テレビ東京・あにてれ」というほう)には、「これまでのお話(あらすじ)」も載っていますので、併せてご参照ください。

さて、それはそうと、このテゴマスの歌う「片想いの小さな恋」。
今、放映されているものは、「〜Second Age〜」とついているとおり、第2期なんですよね。
で、第1期の時のエンディングテーマ「アイアイ傘」がシングルCD化され、発売記念ライブなんかも行われたことは、記憶に新しいところ。

アイアイ傘
テゴマス
アイアイ傘(初回生産限定盤)(DVD付)
zopp,RYOKa,nami,h-wonder,林部直樹,知野芳彦

それで、問題は、今度の曲はどうなるのか?ということ。
この曲は、何となく、「アイアイ傘」ほどの強い引きのある曲ではないような気がします。
もちろん、作り手の方々も、あえてそういう感じにつくっているのかなあなんて思うのですが。
とても素敵な、いかにもテゴマスらしい、可愛くて、ちょっと切なくて、何とも心地よい曲。
シングル化されそうな感じはあまりしなくて、むしろアルバムに入ったりするのではないかしら?なんて思ったり。
そう、アルバム。
すなわち、テゴマスのファーストアルバム、ということになります!!
そして、アルバムをリリースするのであれば、当然、それを引っさげてのライブ、ということになりますよね!?
……と、勝手に思い込んで密かに期待していたりします。

NEWSとして、もうじき(10月下旬から)コンサートが始まります。
それが終わるのが1月半ば。
そのあと、ということになりましょうかね〜?
ウフ♪
……などという妄想を、秋の夜長に繰り広げている昨今なのでありました。
実現するといいなあ……♪

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:テゴマス
2008.09.24 Wednesday 01:58 | comments(6) | trackbacks(3) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 

久々の新しい「動くまっすー」

10月1日発売の、何となくちょっと久々のような気もする、NEWSのシングル。

Happy Birthday(初回生産限定盤)
NEWS

Happy Birthday
NEWS

いよいよ、発売が間近に迫ってきました。
テレビでは、CMも流れ始めましたね。

無人島の黄色いまっすー(増田貴久くん)、およびTU→YUの赤緑のまっすー以外の、わりと普通な感じのまっすー。
久しぶりに、動くまっすー(っていう言い方、ちょっと変ね)の、新しい映像を見ることができて、たとえ15秒でも、それは至福……と言ったら言いすぎにしても、少なくとも、癒しのひととき。

……あっ、ごめん、もちろんPちゃん(山下智久くん)も素敵なんだけど、やっぱりNEWSを見ると、どうしても、まっすーばかりを目で追ってしまうのよね。
Pちゃんは、もう、別に私が応援するまでもないって気がするの。
もちろん応援はするけど、私ごときがそんなに力を入れなくてもいいかなって……。
もちろん大好きなんだけど。

──だから、やっぱり引き続き、いちばん力を入れて応援していきたいのは、まっすーなのよね。

曲自体も、すごく可愛らしくてハッピーで、NEWSらしい感じ。

歌番組への出演。
そしてコンサート。
あとは、本当に、Pちゃんや亮ちゃん(錦戸亮くん)ばかりでなく、まっすーも連ドラに出演してくれたらなぁ。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:増田 貴久
2008.09.18 Thursday 02:19 | comments(8) | trackbacks(0) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 
 | 1 / 5 PAGES | >>