<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

「タイノッチ」&平岩紙ちゃんに大注目!!

突然ですが、今年、ブレイクしそうな予感がしているのが、女優の平岩紙さん。
……親しみを込めて、紙ちゃんと呼んだりしてもいいだろうか?
まあいいか、いのっち(V6・井ノ原快彦くん)もそう呼んでいることだし。

彼女に注目するようになったのは、もちろん、昨年の10月に始まった、「タイノッチ」というテレビ番組に出演しているから。
あれは、「R30」という、いのっちとTOKIOの国分太一くんが二人でやっていた番組のあとに始まった番組だったので、てっきり、またその二人でやるのかと思っていたら、ほかに、千原ジュニアさんと紙ちゃんと、四人での番組だったんですよね。

紙ちゃんは、何となくいろんなところで見かけている女優さんだな、というぐらいの印象しかなかったのですが、この「タイノッチ」という番組を観ているうちに、すっかり大好きになってしまいました。
今どき珍しいような、純粋な感じの、透明感のある人です。
最近、キヤノンのCMでよく見かけて、そのCMでもとても素敵なので、な〜んか今年は大ブレイクしちゃうのかな、なんて、ちょっとドキドキしています。

ちなみに、「タイノッチ」というのは、大の大人が集まって、大人げない暇つぶしをやっちゃおう、というコンセプトの番組なのですが、もう、本当に大人げなくて、だけど、私がこの番組をすごく気に入っているのは、どこか品がいいのです。
確かに、4人が集まって、やっていることは傍から見たらばかばかしいのかもしれないのですが、でも、くだらないバラエティー番組にありがちな品のなさがない。

紙ちゃんが、どういう経緯でこの4人の中に加わることになったのかは知らないが、彼女の存在はすごく大きい。
彼女の釀し出す空気感がとても素敵。
もちろん、ジュニアさんの存在も大きいです。
頭の回転の速さや鋭さはさすがだし、それに、彼も基本、品は悪くないように感じます。
彼の持ち込む企画もめちゃくちゃ面白いし。
紙ちゃんの企画も可愛いけどね♪

ジュニアさんと紙ちゃんっていう人選は絶妙だなと思います。
紙ちゃんは、たとえば熱狂的な太一くんファンやいのっちファンからも、嫉妬されたりするというより、逆に好感を持たれそう。

とにかく、「タイノッチ」は最高に面白いです。
もしかすると、「嵐の宿題くん」より面白いかもしれない(つまり、そうとう面白いってことになるよね!?)。
ちょっとお酒も入ったりして、ほろ酔い加減のいのっちが、「え〜、ずるいよぉ〜!」とか、文字どおり大人げなく駄々をこねたりしているのを観るのも楽しい。

「タイノッチ」&平岩紙ちゃんに、今年は大注目ですぞよ!!

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:平岩紙
2009.01.07 Wednesday 00:59 | comments(2) | trackbacks(1) | 女の子 | 

子役以上アジアンビューティー未満

……ま、今日も引き続き、ドラマフリーク話になってしまうわけであり、かつ、やや変態みを帯びた内容になりそうな予感もしているので、あらかじめご了承ください(汗)。

前にも書きました通り、今期は5つのドラマに狙いを付けたわけですが(“7月からの新ドラマたち”参照)、そのうちの4つ目「シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜」が、この7月8日(火)に始まりました。

ドラマ自体は、なかなかに面白くて、緩急にも富み、全体にしっかりつくられている感じです。
ドラマを見すぎて目が肥えちゃってる辛口視聴者(笑)の目から見ても、十分に満足のいくレベルかなあと思います。

しかし、この際、それよりも何よりも、このドラマにおいて最も目が釘付けになってしまうのは、やはり女優・大後寿々花(おおご・すずか)の存在です。

ちょうど約1年前、「セクシーボイス アンド ロボ」に出ていた時には、まだ子供でしかない印象だったのに、たった1年で、すっかり若手女優という趣へと、見事に変貌を遂げています。
でも、当然ながら、まだ大人の女優さんにはなりきっていない。
やがて、どれほど美しい、もしかしたら妖艶な、アジアンビューティーへと成長していくことかと、その未来の姿を、ありありと思い描くことができます。
今は、その途中段階にあるのでしょう。
彼女の、おそらく日を追うごとに大人っぽく美しく変わっていくさまを、尊いものとして大切に見守りたい気持ちです。
そう、彼女の存在には、何か犯してはならない聖域にも似たものを感じます(大げさかしら)。

1年前のドラマでは中学生の役を演じていたのが、今回は高校生で、しかも、一見、どうやら悪い男にたらし込まれて(←あまり品のよろしくない言葉を使うことをお許しください)、ウリ(売春)もやっているらしき役、なのですが、そこは、大丈夫。
途中で、ウリはやっていなかったことや、その男とも関係は持っていなかったことが明らかになります(男が「こんなことなら寝とけばよかったぜ」とか言うのですが、普通なら「ヤッとけばよかったぜ」って言いそうに思うのですが、ここでもやはり、「やる」ではなく「寝る」という、比較的、上品な言葉が使われているあたり、彼女への配慮を感じます)。

やはり、少なくとも未成年のうちは、汚れ役みたいなものはやらないでほしいなあと思います。
ラブシーンも、まだ早いと思うんだけど……でも、なんか主人公(小池徹平)と、ちょっといい感じになりそうな雰囲気もあるんだよね〜。
心配だ。まだ、もうちょっと待ってほしい……。

でも、大人になったら、間違いなく、すっごい色っぽい女優さんになることが予見されるし、ご本人も、きっといろんな役にも挑戦してみたいとお考えでしょうから、20代以降は、そういうのもあるでしょうね。
それはそれで、また楽しみです。

とにかく、今の彼女は、1年前にはなかった、ぞくぞくするような魅力に満ちています。
少女から大人に変わっていく、その過渡期の女の子に特有の、ある種の色気みたいなものを感じて、ドキドキしています(この辺が本日の変態トークの中核部分ですが何か?)。
しかし、それを「萌え」とは呼びたくないのです。
それだと、少し軽いし、卑近になりすぎてしまう。
すなわち、むしろ「崇拝」に近いでしょうか。
そんな気持ちで、ドラマの展開と共に、熱く(!)見守っていきたいと思います。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:大後寿々花
2008.07.09 Wednesday 00:52 | comments(6) | trackbacks(66) | 女の子 | 

しずちゃん主演ドラマ「乙女のパンチ」19日(木)スタート!

全国の山崎静代(南海キャンディーズ・しずちゃん)ファンのみなさま、こんにちは!!

少し前に、ネット上の芸能ニュースで、「しずちゃんがボクサー役でドラマに主演!」という情報は得ていたのですが、そのドラマが、いよいよ今週の木曜日、19日にスタートするようです。

NHKドラマ8「乙女のパンチ」

毎週木曜、夜8時から、全6回、とのことです。

みなさま、お見逃しなく!

なんか、NHKのドラマって、わりとマイペースに(っていうと変ですが)、いつのまにか始まり、いつのまにか終わっていて、ついつい見逃してしまう……ということがけっこうあるのは私だけでしょうか??

気をつけてチェックしておかないと、危険なんですよね〜。

今回も、実は危うく見逃しかけた(19日に開始、ということに、16日ぐらいになってハッと気づいた!)ので、ほかにもそういう方がいたら注意を促したいなと思い、記事としてUPした次第です(まあ、私みたいなうっかり者は、そんなにはいないかもしれませんが)。

しかし、しずちゃんがボクサーの役っていうのが、すごく素敵じゃないですか?

ご本人もインタビューに答えて「2年前からボクシングジムに通っていた」と語っていますが、確かに、前に何かの番組で、行きつけのジムでパンチを打ち込んでいるしずちゃんの姿を見た覚えがあります。
トレーナーの方も、「なかなか重くていいパンチを打つんですよ」みたいなことを言っていなかったかしら?

私は格闘技は全般に苦手ですが、ボクシングについては、あのストイックさに憧れるところもありますし、また、しずちゃん自身がジムに通うきっかけになったとして挙げている『あしたのジョー』は、私も中学生か高校生の頃に、けっこう耽溺した作品なので、他の競技でなくボクシングであったことは、私にとってはちょっと嬉しいです。

題名が「乙女のパンチ」っていうのも、いいですね。
「乙女」っていうワードは、本当にしずちゃんにぴったりですもの♪

しずちゃんは、いつ見てもきれいで可愛くて、健気で可憐で、あのパワフルな巨体をぎゅうっと抱き締めたくなってしまう(はい、この辺が変態の変態たる所以ですが何か?)。

闘っているかっこいい姿も楽しみですが、もし淡い恋なんかも描かれたりしていたら、よりいっそう嬉しいです。
好きな人を想って恥じらっているしずちゃん、萌えポイント高いですよね〜。

ウフ♪
期待したいです。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:NHKドラマ
続きを読む >>
2008.06.18 Wednesday 01:37 | comments(0) | trackbacks(3) | 女の子 | 

か、かわいい……!!

あの〜、どうでもいいけど、『ダ・ヴィンチ』の表紙が長澤まさみちゃんなんですよ〜。

ダ・ヴィンチ 2007年 06月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2007年 06月号 [雑誌]

うぅっ、か、かわいい……!

──で、今日のネタってそれだけなんだけど、こういう記事って許されます?

←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪
続きを読む >>
2007.05.13 Sunday 23:23 | comments(0) | trackbacks(16) | 女の子 | 

ああ、しずちゃん……。

やはり、疑惑は真実だった。

しずちゃんは、間違いなく“魔性の女”……!

そうでなくて、なぜこれほどにも心が乱れてしまうのか、彼女の愛らしさに。

そう、山崎静代(南海キャンディーズ)&河本凖一(次長課長)主演ドラマ「笑える恋はしたくない」第1回の後半部分を半分ぐらいまで(つまり全体の3/4ぐらいまで)観た。

そこに映っていたのは、合コンに気合入れすぎて目茶苦茶ドレスアップして来ちゃったしずちゃん、そして、部屋を訪ねてくる男性にふるまうべくせっせと手料理をつくるしずちゃん。

その二つを立て続けに見せつけるのは、これはもう反則以外の何ものでもない。

みなさん、知っていますか?

ドレスアップしたしずちゃんが、どれほどゴージャスな美女に変身するかを。

そのたくましい可憐な肩を、ぎゅうっと、ぎゅう〜っと抱き締めたくなったのは、私だけではないはずだ、絶対に!

ああ、でもそれ以上肌を露出しないでね、ほかの男にあまり見られたくないから。

そして、いそいそとテーブルを整えているしずちゃん、まるで新妻のよう。

こんな妻がいてくれたら、私はもう死んでもいいぞ!!

しずちゃんを想うと、それだけで、うるうるっと来てしまう。

なぜ私は、妻夫木聡くんみたいなしずちゃん好みの男の子に生まれなかったのか。

人生間違えた……。

←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪
続きを読む >>
2006.12.05 Tuesday 02:21 | comments(0) | trackbacks(9) | 女の子 | 

しずちゃん“魔性の女”疑惑(ってほどでもないが)

山崎静代(南海キャンディーズ)&河本準一(次長課長)主演のドラマ「笑える恋はしたくない」が、ついに始まりましたね。

「12月限定金曜ドラマ」なのだそうで、12月1、8、15日の3回で完結らしいです。

まだ第1回の途中までしか観ていない(録画したものを、半分ぐらいまで観たところ)ですが、ややドタバタ気味のコメディ、という印象。

我が愛しのしずちゃんは、デパートのエレベーターガールの役。

可愛いことは可愛いのだけど、ただ、今のところ、彼女本来の愛らしさや輝きが、さほど出ていない。

たぶん、ストーリーの展開につれて、次第にそのあたりも開花していくのだろうと期待している。

出演は、ほかに増田貴久、酒井若菜、夏川純、松尾敏伸、桐谷健太、麻生祐未、佐々木蔵之介などなど、なかなかに豪華じゃないですか。

メイキングとか、出演者へのインタビューなどで構成した「今夜放送!笑える恋はしたくない」という番組も観たところ(私もなかなかいろんなのを観ていて忙しいったらないわけだが)、共演者の、プロの俳優の方々が、しずちゃんのことを口々にほめていて、なんか嬉しかった♪

そりゃそうよ、私が見込んだしずちゃんだもの……的な。

正確に言うと「見込んだ」というより「惚れた」のほうが近いが。

しずちゃんと言えば、花王「エッセンシャルダメージケア」のCM。

あれって、まるで彼女のためにつくられたようなCMですよね。

何人かの女の子が出ているけど、申し訳ないが彼女たちはしずちゃんの引き立て役でしかない。

誰よりも誰よりもしずちゃんがいちばん可愛い、と、観る者に感じさせずにおかないつくりになっている。

……以上、全て単なる私見だが、断定的に言い切ってみた♪

しずちゃんのことは、普段、あまり考えないようにしている。

だって、さもなくば、あまりにも好きになりすぎそうで怖いのだ!

ああ見えて、実は“魔性の女”、だったりして(冗談抜きで)。

←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪
2006.12.03 Sunday 04:06 | comments(0) | trackbacks(6) | 女の子 | 

女優・山崎静代in映画「フラガール」

今日、食事の席で、「好きな国、懐かしい国はどこ?」という話題が出ました。

みんなそれぞれ、「中国」「イギリス」「インドネシア」などなど、バラエティに富んだ答えが飛び交いました。

その中で、一人の女の子が、「前は違ったけど、最近はハワイかな〜」と言っていました。

おおっ!

私も、一応、もともと憧れていた国として「ギリシャ」と答えはしたものの、今、どこか海外に行くとしたら、ハワイかな、と思っていたのです。

8月末に北海道旅行をした話には何度か触れましたが、この夏、なぜか私の周りには、「私も北海道行きました」とか「これから行きます」とかいう人がいっぱい。

そう、この夏は北海道がトレンドだったのだ、きっと!

そして、次のトレンドは、きっとハワイ──そんな気がしています。

映画「フラガール」の公開も近いしね♪

この映画には、山崎静代も出演しています。

女優・山崎静代は、この9月8日から下北沢の本多劇場で上演される「うす皮一枚」で初舞台を踏みます。

そう、山崎静代──別名、南海キャンディーズのしずちゃん。

──あっ、いかん。

こんな真夜中にしずちゃんを想ったら、狂おしく寝つかれなくなりそう(^_^;

おとなしく、「山下智久の日記」でも読んで寝るとしよう。

「でも」っていったら何だけど、彼の日記を読むと、なんかホッとするのよね。

しかし、それにつけても、しずちゃん……初舞台、頑張ってね!!

from ちょいハピ with LOVE、なのだった……!

←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪
2006.09.08 Friday 00:31 | comments(5) | trackbacks(2) | 女の子 | 

南海キャンディーズしずちゃんin「徹子の部屋」

今日は「海の日」でしたね。

みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか?

えっ、私?

いや〜、それはもう、言うまでもなく、仕事です〜!

えへっ(T-T)

でも、おうちでのんびりやったので、逆に楽しかったわさ、全くもう(^o^)

合間合間に、『のだめカンタービレ』第9巻以降を読んだりしながら(^_^;

いや〜、パリ編になったら、真澄ちゃんが全然出てこないのがちょっと淋しいけど(;_;)

それはそうと、今日の私の「ちょっぴりハッピー」はというとですね、何よりも、かによりも、ああっ、しずちゃんったら、「徹子の部屋」に出てしまうなんて!

もちろん山ちゃんも一緒に出ていたのですが、──そして私は別に山ちゃんも嫌いじゃないですよ、もちろん。

しずちゃんの相方として尊敬もし、感謝もしています。

っていう、変なスタンス(^o^)

ま、それはともかく、しずちゃんです〜。

今日は、普段のバラエティー番組とは違って、かなり「素」の部分が出ているようにもお見受けしましたが、いつも以上に愛らしく、もう私は画面に釘付けでした。

しかし、改めて、つくづく考えさせられました。

彼女に、なぜ私はここまで心酔してしまうのか。

そこには何か……、何だろう、何なのかは分からないが、何かがある気がする!!

って言われても、読んでいるほうはきっとすごく困りますね(;^_^A

だって、彼女以外にも、可愛い人や美しい人は幾らでもいるのに、彼女を見ていると、私はなぜかこう思ってしまうのです、「ああ、私はこんなに美しい人を見たことがない!」と。

なぜだ、なぜなんだ!

この謎が解けるまで、やっぱり彼女から目が離せません。

←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪
2006.07.18 Tuesday 00:16 | comments(3) | trackbacks(2) | 女の子 | 

南海キャンディーズしずちゃんin「アテンションプリーズ」

ようやく最終回を迎えた「アテンションプリーズ」。

「ようやく」っていうのは、つまり、しずちゃん目当てに観ている者にとっては、ということですが。

とにかく、初回にチラッと出たきり、一切出てくることのなかったしずちゃん。

ついに、もう待ちくたびれて、くたびれきった頃になって、やっと出てくれました。

まあ、結局そうなるだろうということ(初回に出たきり、最終回まで出てこないという)は、当初から予想されたことではありますが。

しかし、しずちゃん。

その民族衣装みたいなのは何なの〜!?

とても素敵☆

そして、何といっても、最後の最後に、魅せてくれました。

キャビンアテンダントの制服に身を包んでポーズを決めるしずちゃん。

きれいだったぁ。

「美」とは、あなたのためにある言葉だったのね♪

──でも、相武紗季ちゃんもかわいかった〜。

うん、このドラマの最大の収穫は、私にとっては、相武紗季ちゃんを発見(と言ったら変だが)したこと、かもしれない。

(というわけで、やはりこの記事は、「ドラマ」ではなく「女の子」のカテゴリーに入れることにしよう!)

←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆
2006.06.28 Wednesday 00:56 | comments(0) | trackbacks(14) | 女の子 | 

南キャンしずちゃんin「アテンションプリーズ」…だよね!?

そんなわけで、今期のドラマの中で、初回からぱっちり録画してまで観ているのが、「アテンションプリーズ」(フジテレビ火曜日夜9時)。

実は、はっきり言ってドラマ自体には特に興味はないのです……身も蓋もない言い方で申し訳ないとは思いつつ。

上戸彩ちゃんは可愛いのですが、タイプ的には私はやはり井上真央ちゃんを愛してやまないので、──だから、今この「40歳・独身・子なし」な私が一番観たいと思っている映画が、さまざまなムーディーな(?)映画たちを押しのけて「チェケラッチョ!!」だったりします。
……ま、それは余談ですが。

……え〜と、では、なぜ特に興味のないドラマを必死に観ているか。
それは、もちろん、南海キャンディーズのしずちゃんが出演しているからなのだ!

とはいえ、ほんとのほんとにちょい役で、初回は確かに出演シーンがあり、せりふもそれなりにあったが、この前、第2回なんて、結局最後まで一瞬たりとも出演シーンがなかった。
(もしかして、「一瞬たりとも」の使い方、日本語として変?)

え〜ん。
ぐっすん。
ずびっ(鼻水をすする音)。(←考えてみれば「ぐっすん」もそうだったか。)

(注・念のため申し上げますが、今夜も全くの素面でございます。)

しずちゃんの役どころは、上戸彩ちゃん演じる主人公のルームメイトなのですが、初回で、ルームメイトになった途端、いきなり「私、旅に出る! 探さないで!」とか言って姿を消してしまったのです。

で、第2回、主人公が「疲れた〜!」とか言って部屋に帰ってきた時なんか、私、暗がりから急にしずちゃんが「お帰り〜」とか言って現れて主人公をびっくりさせるんじゃないかとドキドキ期待したんだけど、全然そんなこともなく。

もしかしたら、この調子で毎回全然出ず、最終回ぐらいになってやっと、恋人か婚約者か何かと一緒にラブラブで現れて終わる、とか、そういう段取りなのか!?

え〜ん。
ぐっすん。
ずびっ。

ねぇ、お願い、ドラマ制作者の方々およびしずちゃんのマネージャーさんか事務所の方その他関係者各位!
(あるいは山ちゃん!?)
毎回、たとえ5分でも、いえ、1分でも、うんにゃ、この際、30秒でも15秒でもいいの、しずちゃんの出番をつくってもらえないかしらっ!?

頼むから、この「40歳・独身・子なし」の悲痛な願いを

叶えてくれ〜!!!

←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆
2006.04.27 Thursday 00:48 | comments(2) | trackbacks(0) | 女の子 | 
 | 1 / 2 PAGES | >>