<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
<< auカタログGETという僥倖 | main | 湊かなえ『少女』を読んで >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

マイケル・アリアス万歳!!

映画監督、マイケル・アリアス。
この人の名前と顔と作品を知ったのは、映画「鉄コン筋クリート」において、だった。
この作品は、もちろん、嵐ファンである私にとって、主人公の一人であるクロの声を二宮和也(かずなり)が演じているから、という理由で観たものだったが、しかし、結局のところ、私はこの作品自体にいたく魅了されてしまった。
原作も、好き。
でも、その原作の世界観を壊すことなく、むしろ、より生き生きと、躍動的に、かつ美しく昇華させた、コミックの映像化としては最高度に成功した作品と言えるのではないでしょうか。
クロとシロの、どうしようもなくえぐれている部分を互いに埋め合い、補い合い、支え合い、薄っぺらいモラルも倫理も超えたところで深く結び付き合っている姿が、たまらなくいとおしかった。
私にとっては、この作品は、忘れ難く大好きな作品となりました。

そんなわけで、そのマイケル・アリアス監督の最新作が公開されるとあっては、もう、矢も盾もたまらず、といった感じで、さっそく観に行ったわけです。
2月7日(土)公開の、「ヘブンズ・ドア」
今回は、「待望の初実写映画」という触れ込みでしたが、実写となっても、変わらず、全編にわたってマイケル・アリアス色が濃厚に出まくっていて(まあ当たり前だが)、最高に心地よかったです。
映像も、音楽も、世界観も、すべてが完璧なまでにマイケル・アリアス。
堪能しました。
素晴らしかった。
大好き。

ネタバレはしたくないので、あまり書けませんが、私にとってのベストシーンは、何と言っても、「黄色いド派手なちっちゃい車が、青いネットをかぶりながら、崖からダイブ!!」というシーン。
これほど見事に美しくも滑稽なシーンを、人は未だかつて目にしたことがあっただろうか!?的な。
私にとっては、ある意味、テンションMAXでした。

そして、主人公二人(長瀬智也&福田麻由子)の関係性が、やはり、観終わって、帰ってきて、思い返してみて気づくのですが、クロとシロの関係性に少し似ている。
クロが守っているようで、実はシロなくしてはクロは生きられない。
勝人(マサト)がリードしているようでありながら、実は春海(ハルミ)こそが勝人を救う鍵となっている。
そして、普通の善悪の観念で見れば明らかに悪に分類されるような行為も、互いを守るためであれば、一種の必要悪として行動に移される。
この汚濁に満ちた理不尽な世界で、信じられるもの、頼れるものは、互いの存在だけ。
そんな、悲しくも美しい世界が展開されていました(というのは私の少々偏った解釈なのか?)。
勝人にとって、春海は、少女でありながら、実の母以上に母だった。
美しい作品でした。
彼女が、怯える彼を胸にかき抱くシーンは、おそらく日本映画史上に残る名シーンだと思います!!

映像と音楽については、スタイリッシュの一言に尽きます。
最初から最後まで、くぅ〜、かっこいい!としか言いようがない。
最高です。

また、長瀬智也について改めて感じたのですが、この人は、こうした野卑な、粗野な感じの役を演じても、決して下品にならないんですよね。
そこがすごい。

──それから、ホスト役としてチラッと出演していた二宮和也(かずなり)くんも、素敵でした。
「ホスト役のにのちゃん」っていうと、ちょっと「えぇ〜!?」って感じだったりしますが、何の何の、もう、「生まれつき、ホストです。これが天職です」っていうくらいハマっていました。
さすがです。
こんなホストさんがいるホストクラブだったら、ちょっと行ってみたいとすら思ってしまいました♪(笑)

あとは、細かいところでは、勝人の「死ぬまでにやりたいことリスト」なんかも、よかったなあ。
「インドの山奥へ行く」とかいうのがあって、その「奥」という字が、たぶん書こうとして書けなかったらしく、ぐじゃぐじゃに消してあって、しょうがなく脇に「おく」って平仮名で書き直したりしてあって。
私、その「奥」を消して「おく」って書いてあるところ、「何て書いてあるんだ〜?」と思ってそこばかり観てしまったから、ほかにどんな項目があったのか、ちゃんと観ることができていません(汗)。
再度、観る機会があったら、そういうとこもちゃんと観たいものだが、でも、そう思っていても、次の時にもまた「奥」ばっかり観ちゃったりするのよね〜。

いずれにしても、何だか久々に、二度、三度と観たい気持ちにさせられる映画でした。
素晴らしかったです。
マイケル・アリアス万歳!!

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:ヘブンズ・ドア
こちら、まだの方はぜひ。
シロの声を演じた蒼井優が秀逸です。

鉄コン筋クリート(完全生産限定版) [DVD]
鉄コン筋クリート(完全生産限定版) [DVD]

鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]
鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]

そうそう、蛇足ながら(というのは、言うまでもなく、という意味で)、刑事役の三浦友和、やっぱよかったわ〜。
2009.02.11 Wednesday 01:30 | comments(0) | trackbacks(6) | 映画・演劇・ドラマなど | 

スポンサーサイト

2009.10.23 Friday 01:30 | - | - | - | 









韓国ドラマの評判サイト
色々な韓国ドラマの評判を見てみましょう!
| 韓国ドラマの評判サイト | 2009/02/11 2:56 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/02/11 11:22 AM |
チュモン 朱蒙
朱蒙(チュモン)は、韓国MBCで三国史記と百済本紀の分注の別伝に記された神話伝承を元に高句麗初代王とされる朱蒙を主人公とし製作された韓国の歴史ファンタジードラマである。全81話。
| チュモン 朱蒙 | 2009/02/11 5:07 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/02/11 9:25 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/02/12 11:35 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/04/14 7:01 AM |