<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
<< マイケル・アリアス万歳!! | main | 伊坂幸太郎『重力ピエロ』を読んで >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

湊かなえ『少女』を読んで

記憶が薄れないうちに、サクッと書いておこうと思う。

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)
湊 かなえ

言わずと知れた、『告白』の著者の最新刊。

確か私は以前このブログのなかで『告白』を絶賛したのではなかったかと思うが(湊かなえ『告白』を読んで参照)、この『少女』についても、「う〜ん、さすが」と唸らされた。
なんかちょっと悔しいほどに、「この作家なら今後とも外れはなさそうだな」という思いを強めざるを得なかった。

前作同様、恐ろしいほどの緻密な構成。
どの一行も、決して何の気なしになど書かれてはおらず、最後の最後まで、「ああっ、あの何げない一行が、実はここの伏線だったのか……!」という驚きに満ちている。

やんなっちゃうなあ、もう。
そう、嫌になってしまうほどにうまい。

ミステリーといっても、殺人事件の犯人は誰かとか、トリックとかアリバイとか、そういうものは特に出ては来ず(という、私がミステリー全般に対して抱いているそのイメージも少し古めかしすぎるかもしれないが)、あくまでも、登場人物たちの心理描写の積み重ねのうちに、幾つかの出来事の真相が次第に明らかにされていく形。

少女たちの抱く、不穏なたくらみ。
その自己中心的な性向、思い込み、疑心暗鬼、嫉妬、駆け引き、等々。
しかし、同時に、切ないくらいに真っ直ぐに相手を大切に思う気持ち。
そんなものが、恐ろしくリアルに、詳細に描出される。

えっとぉ、そこまで書いちゃう?
そこまで内奥をえぐっちゃう?
──と、軽くハラハラするほどに、率直に。
こんなひねくれた後ろ暗い思いまでも、こんなに堂々と活字にしちゃう?的な。

まあ面白い。
非常に。

あと、「因果応報」とか、「何でも許される教」(だっけ?)とかが登場するのも興味深かった。
善悪とか生死とかについて考えてくると、どうしても宗教っぽい要素が入ってきたりするものだね。

面白かったポイントを挙げ始めるとキリがなさそうだしネタバレにもつながりそうなので、この程度の、あくまでも抽象的なぼんやりした感想にとどめておくのがいいかな。

ミステリーとしても読めるのでしょうが、“青春小説”としても読めますよね。
主人公二人の、友情というか、屈折はあれども相手を「好き」な気持ち、けっこう沁みます。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:ミステリ
最後に一言付け加えるならば、たぶん、この作品をぜひ映像化したい!と胸躍らせている映像作家みたいな人は少なくないのではないかと推察しますが、頼むから、線路を挟んだ向かい側のホームで中年男が紙吹雪みたいなものをまき散らし始め……というシーンから始めるのだけは、やめてね(つまり、こちら側で見ている少年の足元に、何かがボーンと飛んできて、という映像で、のっけから観客をギョッとさせる、というのは違うんじゃないかと)。
即物的にえぐく描くのではなく、あくまでも映像は美しく。
でなくては、この作品の、じわじわと締めつけるような恐怖というか“何となく嫌な感じ”は描けないのではないかと思うのです。
……また余計なこと書いちゃったかな、と思いつつ。
2009.02.14 Saturday 02:25 | comments(5) | trackbacks(7) | 読書・文学 | 

スポンサーサイト

2009.10.23 Friday 02:25 | - | - | - | 
小麦 (2009/02/16 9:56 PM)
こんばんわ。
今日、本屋でこの湊かなえさんの『少女』を見つけました。「どこかで見たことがある?」と思いつつそれがなかなか思い出せなくて・・「そうそう、ちょいハピさんの日記だわ!」て感じ(笑)。私は本は大好きでいろいろと読むのですが、小説は何を読んでいいのかわからなくて買ってまで読むことがあまりありません。でもこの『少女』、ちょいハピさんの感想からも惹かれるものがあったので買っちゃいました!
ちょいハピさんの読書量にはいつも驚かされます。また参考にさせていただきます。
ちょいハピ (2009/02/17 1:42 AM)
小麦ちゃん、こんばんは♪
この表紙、印象的ですよね〜。
私のブログが、どうやらサブリミナル効果(!?)を発揮したようですね☆
私の読書量なんて、実際はお恥ずかしいものです。
特にここ半年ぐらい、テレビの観すぎで読書量が大幅ダウン。
まずいなと思って少し読書時間を増やしたら、今度はテレビを観る時間が足りない〜!(笑)
藍色 (2009/02/25 3:50 AM)
トラックバックさせていただきました。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
ちょいハピ (2009/02/26 9:34 PM)
藍色さん、いつもありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いします〜♪
- (2011/01/09 11:33 PM)
管理者の承認待ちコメントです。









『少女』湊かなえ 友情物語+スパイス×毒
読みました… 少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)/湊 かなえ そして、書評も早々に投稿しました… 高校二年生のふたりの少女の友情物語、ですが青春讃歌に終わらない、スパイスの効いたストーリー。 高校二年の夏休みの出会いと出来事が 交差
| □□ 本のこと あれこれ □□ | 2009/02/14 7:11 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/02/14 2:12 PM |
ゴールデンスランバー【伊坂幸太郎】
俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。
| 本・月のうさぎ堂 | 2009/02/14 10:40 PM |
少女 湊かなえ
高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。 彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。 魅せられたふたりの胸に...
| 粋な提案 | 2009/02/25 2:42 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/02/28 11:19 PM |
湊かなえ「少女」を読む
デビュー作「告白」に衝撃を受け、 読み終えた次の日にはこれを買っていた。 「告白」に次いで「少女」、 漢字2文字で行くのだろうか。 そういや告白も元々は聖職者だったわけで。 正直、 告白ほどのインパクトはない。 色んな作品の要素が入ってい
| 下町バカドールシアター | 2009/04/06 11:18 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/09/01 10:32 PM |