<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
<< 岡島悦子『抜擢される人の人脈力』を読んで | main | 松本幸夫『トランスフォーム仕事術』を読んで >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

石黒謙吾『エア新書』感想&相撲界改革への願い

なんか、巷でも評判になっているらしく、何となく面白そうな気もして、読んでみました。

エア新書―発想力と企画力が身につく“爆笑脳トレ” (学研新書)
エア新書―発想力と企画力が身につく“爆笑脳トレ” (学研新書)
石黒 謙吾

内容(「BOOK」データベースより)
あなたの頭は固くなっていないか?
笑いが足りなくなっていないか?
遊び心なきところに豊かな発想ナシ!
ここに登場する架空の100冊の新書の内容をクククッと半笑いしながら読めば、その考え方のノウハウが自然に頭に入ってくる。
さらにあなた自身も、有名人・友だち・家族が出す架空の新書企画を考えることで、知識だけの脳を超えた、応用力ある柔らかな脳に。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
石黒 謙吾
著述家・編集者。1961年金沢市生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


要するに、著名人100人を取り上げ、その人が新書を執筆するとしたら、どんなものがあり得るか?というのを、タイトル、サブタイトル、帯コピー、および主な内容として小見出し五つ、という形で表現したもの。
読んでいて、ついついクスリと笑ってしまうが、少なからず毒気が含まれており、あまり声高に笑ってしまうのもはばかられる、といった感じ。

確かに面白くはあり、就寝前に「少しだけ」と思って読み始めたところが、最後まで一気に読んでしまい、寝不足に陥ることを余儀なくされた。
読者に対して、真剣に「発想力と企画力」を身につけさせたいのか、あるいは単に笑い飛ばしてほしいのかがつかみかねるところはあるが、まじめに受け取れば、サブタイトルどおり、発想力と企画力が身につく、のかも、しれない……。

やや品のないものも含まれますが、たとえば、『先を読む人はなぜ寝癖がつくのか?』(羽生善治)や『参拝力』(小泉純一郎)などなど、思わずニヤリとしてしまう。
また、個人的に刺さったものに、『いいなり大国ニッポン』(朝青龍)など。
著者は、「一つのネタを書くのにかけた時間は約20分」としており、う〜む、なかなか大したものではある。
興味のある方は一読を。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:ビジネス書
余談ですが、内館牧子さんには、今後とも朝青龍および日本相撲協会への正当な批判を続けていっていただきたいと切に願っています。
相撲はスポーツであり格闘技ですが、単にそれだけではなく、神事という面も持っていることを理解した上で、力士の方々には土俵に上がっていただきたい。
相撲協会もそれは承知しつつ、しかし同時に人気商売でもあるので、妥協を余儀なくされているのでしょう。
内館さんは、単に正論を述べているだけで、決してエキセントリックなわけではない。
正論が通らない現実ももちろん分かりつつ、それでもあえて、正論は主張されるべきだと私は思う。

やはり、根本問題として、あの閉鎖的な相撲部屋の制度を抜本的に改革する以外にないのではないかと思います。
あれだから人が集まらないし、だから強い力士が出てこない。
外国から借りてくるしかなくなる。
借りてきてもいいのだが、最低限の礼節は守ってほしい。
しかし、それも現実問題としてなかなか難しいようで。
要は、住み込みで理不尽なしごきを受けながら、逃げ場のないところで耐える、というようなものではなく、もっと今の時代に合った形での相撲部屋のあり方を見つけるべきではないでしょうか。
有望な若者たちが、希望を持って生き生きと相撲道に精進できるような方法が、きっとあるはずです。

そのための改革を断行するのは、きっとものすごく大変。
誰かが捨て身で立ち上がり、みんなを動かさなくては。
でも、できないことではないはず。
相撲界に、何とかして明るい未来が開けてほしい。
変な妥協をすることなしに。
2009.03.18 Wednesday 21:00 | comments(0) | trackbacks(3) | 読書・文学 | 

スポンサーサイト

2009.10.23 Friday 21:00 | - | - | - | 









-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/21 8:21 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/29 7:42 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/08 12:58 AM |