<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
<< 第一回ポプラ社小説大賞受賞作『削除ボーイズ0326』 | main | 父の手術、母の述懐 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

映画「かもめ食堂」〜小林聡美の不思議な美しさ

映画「かもめ食堂」を、DVDでですが、観ました。

かもめ食堂
かもめ食堂

思った通り、いい映画でした。

美しい小品、という感じ。

大感動、というわけではないけれど、温かさ、優しさ、美しさに満ちた、心地よい作品でした。

たぶん、特に私ぐらいの年代の女性が観たら、ほとんどの人は大絶賛するんじゃないかな?

私もフィンランドに行ってみたくなっちゃった。

ただ、映画で描かれていたのは夏だったと思うので、冬はまた厳しいんでしょうね。

フィンランド語で普通に会話して、トンカツをザクザク切ったりシャケの切り身に塩を振ったりしている小林聡美が、とてもかっこよかった。

私としては、彼女のうなじの美しさに目を見張りました。

──特にそこが強調されているシーンというわけではなかったと思うのですが、普通に店内を見通せるアングルで、通りに面したドアからお客が入ってくる、というような場面で、手前の右手のレジの前に、こちらに背を向けて彼女が立っている、そのうなじが。

彼女は不思議な女優さん。

その美しいうなじを見ても、全然ドキドキしなかった。

つまり、変に色っぽくない、純粋な美しさ、という感じ(……この表現、たぶん反発を覚える人もいるだろうけど、それは承知の上で)。

うなじ一つに、人柄が現れるのかな、あるいは役柄が?

しかし、フィンランドって、ああいう派手な柄物の服しかないのかなぁ(きっとそんなことないんだろうけど)。

私も、もしフィンランドに行くことがあったら、ああいう派手な柄物の服を買って着用してみたい。

←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪
2006.10.10 Tuesday 00:47 | comments(8) | trackbacks(11) | 映画・演劇・ドラマなど | 

スポンサーサイト

2009.10.23 Friday 00:47 | - | - | - | 
すみれ (2006/10/10 11:41 AM)
小林聡美さんは、金八先生の頃から大好きな女優さんで、「転校生」で大ファンになり、今に至ってます。
ほんまに良い女優さんですよね。
存在感があるの。
ジマちゃん (2006/10/10 3:20 PM)
私も観たかった「かもめ食堂」やっぱりよかったですか〜〜〜〜!!

友達も劇場で観てよかったといっていたので、気にかけていたんです。
小林聡美さんの出てるドラマ「すいか」が良かったので、そういう感じかなぁと思ってます。。

とても聡明できれいな方ですよね、小林聡美さん。
私も好きな女優さんです。「転校生」の頃からうまかったですよね。
私も観てみよう〜っと。。

ちょいハピ (2006/10/10 8:29 PM)
すみれさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
本当に素敵な女優さんですよね。
今まで、天才的な女優さんだな〜という印象が強かったのですが、「かもめ食堂」では、それだけでなく、すごく美しいな〜と思いました。
注目度、ますます大!です♪


ジマちゃん、こんばんは(^o^)
「すいか」は観ていなかったのですが、再放送してくれないかな〜?
その時は、絶対に観ようと思います。
彼女は、何か、年を追うごとに輝きを増している感じがしますよね。
あんなふうに年を重ねたいものですね☆
hiya-folks (2006/10/10 9:48 PM)
こんばんは。
私も観ました。小説も読みましたが、遜色なく魅力的な作品でした。
合気道の所作している場面、一心不乱にグラスを磨いている場面、シナモンロールの生地を作っている場面、コーヒーを淹れるときに「おまじない」をつぶやく場面・・・
皆素敵でした。
飾り立てなくても美しい!憧れです。
しかし、かもめ食堂の3人もフィンランドの3人のおばさんもいい味だしてましたよね。それと、ガッチャマンには反応してしまいました。
タツ (2006/10/10 10:20 PM)
こんにちは。

小林聡美は、息の長い女優ですね。

いわゆるトレンディでも、美人でもないけど存在感がある。

「やっぱり猫が好き」は印象に残ってます。
ちょいハピ (2006/10/11 1:03 AM)
hiya-folksさん、こんばんは。
私も、小説のほうも読んでみたくなりました。
一つひとつの場面がとてもいとおしい映画でした(^o^)
確かに、「ガッチャマン」は、「誰だ、誰だ、誰だ〜♪」のあとの歌詞って思い出しにくいですよね。
歌詞が全部分かった時、ものすごく嬉しかった〜!


タツさん、こんばんは!
「やっぱり猫が好き」は、いまだに大勢の方の心に残っているようですね。
……実は私は観ていないのですが、観ておけばよかったかな。
「かもめ食堂」は、彼女の美しさが前面に表れた作品だと思います。
監督が女性、というのもあるのかもしれませんね♪
日月 (2006/10/12 9:39 PM)
ちょいはぴさんへ
買いました。かもめ食堂DVD。
これでいつでもかもめ食堂に行けるのがうれしいです。元気がないときなど、映画の中の料理を見ているだけで癒されます。
映画の中で「体の中心を意識する」というセリフがありましたが、サチエさんは、人生のまん中が定まっている人なのだなと感じました。
ちょいハピ (2006/10/15 11:13 PM)
日月さん、こんばんは!
TBありがとうございました。
ほんと、この映画は何度も繰り返し観たい映画ですよね。
「人生のまんなかが定まっている」──確かにそんな感じですね!
私も見習いたいところです。









かもめ食堂
オールフィンランドロケとなった邦画です。 何故か、フィンランド、ヘルシンキで「和風の家庭料理を中心とした料理を出す『食堂』」を開いている日本人女性サチエ(小林聡美)。そして、この女性とヘルシンキの街で出会う、ミドリ(片桐はいり)とマサコ(もたいまさ
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2006/10/10 7:17 AM |
かもめ食堂
今月はまだ映画については書いてなかったですね〜。まあ、青森に来ても映画が観られない訳ではなく、ちょっと遠いけどイオンのシネコンがあるし、片道2時間弱掛かったけど(^_^;)、試写会にも行ったし。 でもやっぱりシネコンだとホントにメジャーな作品しかやって
| 欧風 | 2006/10/11 12:38 AM |
中国語会話の可能性
中国語を学習して経済的自由を手に入れるブログ【中国語最速学習法】 独学で高い中国語会話力をつけて経済的自由を目指す人にとって最適な中国語学習法がわかるサイト!中国語学習法や さまざまな中国語教材についての情報を配信!
| 中国語会話最速学習法 | 2006/10/11 2:09 PM |
かもめ食堂 DVD
アマゾンで注文していたかもめ食堂が届いた。 いつでも行ける「かもめ食堂」 映画では1回限りのご訪問といった感じだったが、DVDなら いつでも「かもめ食堂」へ行くことができる。 そこではサチエさんがおいしい料理をつくり、ミドリさんはこまごまと立ち働
| 日々の書付 | 2006/10/12 9:20 PM |
かもめ食堂
★★★★  フィンランドは国の3分の1が北極圏に位置し、「オーロラ」や「白夜」で有名ですね。そして観光客の大半が日本人だという。 その首都へルシンキの街角に、開店した日本人サチエさんの食堂。それが『かもめ食堂』なのです。 かもめ食堂 販売元:バップ発売
| ケントのたそがれ劇場 | 2006/10/26 10:28 PM |
かもめ食堂に行ってきたぞぃ!
というわけで、前回からの続きです。 ヘルシンキのかもめ食堂に行ってきました。 前回(かもめ食堂のDVD発売について)のブログはこちら。 かもめ食堂という映画を見に行った時のブログはこちら。 かもめ食堂はKahvila Suomi(カフェ フィンランドという意味)と
| スウェーデン不定期通信でした。 | 2006/10/31 10:30 PM |
かもめ食堂
フィンランドのヘルシンキにサチエが開いた“かもめ食堂”を舞台に3人の日本人女性とフィンランドの人々とのゆるやかで温かい流れを描いた作品。小林聡美、片桐はいり、もたいまさこほか出演。
| DVDジャンル別リアルタイム価格情報 | 2006/11/11 10:12 AM |
かもめ食堂の小林聡美さんをリサーチ
小林聡美さんを大好きなファンのアンオフィシャルブログです!ありふれたファンサイトですが小林聡美ファンにお役にたてたらと思っています。
| 小林聡美情報ナビ | 2006/12/25 11:25 PM |
映画『かもめ食堂』
好きなことだけするのか、嫌いなことはしていないのか、それはどちらか分からない・・緩やかに暖かに、流れる時間が心地いい、異国でソウルフードな物語・・ フィンランドのかもめのように、太ったものが好き、太った人が食べているところをみるのが好き、失敗
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/03/25 7:53 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/28 2:56 AM |
「かもめ食堂」の原点「バーバー吉野」を観る〜荻上直子監督の不思議感覚
 昨年のマイベスト邦画「かもめ食堂」を観たときから気になっていた荻上直子監督(1972年生まれというから34か35歳)のデビュー作「バーバー吉野」(2003年)をDVDで観た。「かもめ」の不思議ワールドはこの映画でも満喫できる。脚本も担当した監督の際
| 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 | 2007/05/10 8:17 PM |