<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
<< ほんとに、ほんとに夢じゃなかった……!(爆) | main | 日清「魔王」新発売&「ややこしや」CMオンエア希望(汗) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

君脱ぎ給うことなかれ、必要以上に。

昨夜は、7月4日(金)にスタートしたドラマ「魔王」の第1話について書いたので、今日は、それに先立つ7月3日(木)に初回を迎えた「コード・ブルー」についても、少しだけ書いておきたい。

……でも、ちょっと勇気が要るなあ。
これから書こうとしていることは、たぶん山Pのファンの方々が読んだら、あまり気持ちのいい内容ではないから。
だけど、私も自称・山Pファンの端くれである以上、ここは思い切って書いておこう。

まず、冒頭のセミヌードシーンですが、あれはいったい何でしょうか。
着替えるのは結構ですが、もう少し普通に着替えてはいかがでしょう。
あんなふうに、ことさらに肉体美を見せつける必要が、どこにあるのでしょうか。
「山下智久の裸を見せれば、視聴者は食いつくはず」という低俗な意図が丸見えで、うんざり、あるいはがっかりしました。
山Pには、あんなふうに軽々しく脱いでほしくない。
「別にエロいシーンだったわけじゃなし、単に着替えただけなのに、何をごちゃごちゃ言っているのか?」と言われてしまうでしょうか。
でも、男の子はあんなふうに、見世物のように自分の肌を人前でさらしてはいけないし、特に山Pには、もっとちゃんと、それ以外のところで勝負してほしい……。
神経質すぎる見方かもしれませんが、これからも彼がこんなふうに何かにつけ肉体美を必要以上に誇示することがあったら、彼のことを好きでいられなくなってしまうかもしれない、という不穏な予感が胸をよぎった瞬間でした。

(そう言えば、「魔王」でも、大野智くんの演じる主人公がシャワーを浴びているシーンがちょこっとあって、「わっは、大野くんってば、こんなサービスシーンまで演じちゃって!」と、その時はやたら大盛り上がりだったのだが、こちらは、なぜこんなふうに嫌な感じがしたのだろう。
たぶん、「魔王」の場合は「単に普通にシャワーを浴びているだけ」なのに対し、「コード・ブルー」のほうは、「着替えにかこつけて無意味に体を見せつけている」から?)

それに、山Pの演技自体にもびっくりしました。
何でしょう、役作りの結果、ああなってしまっているのでしょうか、好意的に捉えるならば?
しかし、もしかしたら「クールな口調」を演じているのかもしれないのですが、はっきり言ってしまうと、少々「台詞棒読み」っぽく見えてしまった。
「ああ、これだけ下手なら、裸で人目を引くよりしょうがないな」って思われたりしなかったか、心配です(言い過ぎかもしれませんが、本当にそう思ってしまったのです)。
慣れない医師役で緊張しているのでしょうか。
そんな理由でないことを祈ります。
それが理由なら、プロではないではないですか。

ドラマ自体は、普通ぐらい、でした。
ご覧になったみなさんは、どうだったのでしょう、あれは面白かったのでしょうか。
私は、まだ初回だけなので何とも言い切れないところはありますが、少しわざとらしいというか、底が浅いというか、う〜む、そんな感じもしました。
それでも、うん、そんな中でも、新垣結衣ちゃんには、作品全体に漂う(気がする)作り物くささを忘れさせてくれる、圧倒的な力を感じました。

それから、けがをした女性の俳句仲間の3人も、いい味を出していました。
私にとっての最大瞬間風速は、あの3人の登場したシーンだったかも?

さらに、遊井亮子さんが出ているのを発見したのも収穫でした。
少し前に、そう、もう放映は終わりましたが警視庁捜査一課9係 season3にも、最後のほうで、少し出ていましたよね。
わりと好きな女優さんなんです。
しかし、彼女はずいぶん若く見えますが、けっこう女優歴は長いはずですよね。
「白線流し」に出ていましたから。
う〜む、いったい何歳なんだ?

──と、そんな感じでした。
どうも、作品自体についても、主演の山下智久についても、う〜ん、頑張っているのはとてもよく分かるのだが、今一歩、力不足かも……といった印象です。

やはり、何より冒頭の脱ぎが尾を引いた気がする。
あれで、すごく嫌な気持ちになってしまったせいで、あまり好意的な目線で見ることができなくなったまま、最後まで行ってしまったのかもしれないな。
……今後、私は山Pのファンでいつづけることが本当にできるのだろうか?
そんな不安が湧いてしまった。
こんな気持ちを押し流してくれる、来週以降であってほしい……という、超自己中な期待を胸に抱きつつ。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
2008.07.06 Sunday 05:04 | comments(22) | trackbacks(4) | 美の化身・山下智久 | 

スポンサーサイト

2009.10.23 Friday 05:04 | - | - | - | 
chica (2008/07/06 7:56 AM)
そうやったん!ちょいハピさん。。。

そういう視点で、見てなかったからさ。
冒頭の脱ぎのシーンなんて、あったっけ?というくらい、
頭のなかに、そのシーンが残ってないの・・・

ちょいハピさんの視点で、もう一度肉体美(?)を見てみるわ〜。

けっこう、山Pのことは、好きなタイプなのに、
なんか、、、
そういうところに反応してない自分に意外。
もしかしたら、
もう、無意識に、
自分の息子ぐらいに思っているかも。
・・・
つまり、恋愛の対象ではない、というか、
男として、色気を感じない自分が変(?)

それだけ、老けたっていうことなのかもしれない(笑)。

まぁ、
ああいうドクターへりが増えてほしいという、
思いのほうが、強くあったのは、事実だわ^^

人って、いろいろだね。
(2008/07/06 10:23 AM)
まさにアンチの意見とピッタリです。
ll (2008/07/06 11:19 AM)
下手だって思ってんのも面白くなかったってそこまで言ってんのも
あんたぐらいだよ
何か君いろいろと残念だね
裸なんて医龍でも坂口何回もあったから
嫌ならどうぞこれから見ないでください^^
(2008/07/06 12:03 PM)
私も痛いおばさんだと思う。
魔王のシャワーシーンも同じくらいいらないと思うけど?
山Pの裸一瞬映ったくらいで視聴率が変わるか、バカ。
ひろろ (2008/07/06 1:04 PM)
まるで山下君が自分の意志で脱いだみたいな書き方ですね

昔、山下君の日記のことについて記事書かれてましたよね
彼はあの頃と何も変わっていませんよ
その彼のファンでいられないかもと思うのは
ちょいハピさんが増田君のファンになったからではないでしょうか
変わったのはちょいハピさんではないでしょうか?
きっと山下君を見る目が変わってしまったのですよ 
まなみ (2008/07/06 5:57 PM)
裸が武器、いいじゃないんですか?
それなりのストイックさを持ってないとあの体は作れませんよ。
それが藍沢の内面とリンクしてていい演出だったと思います。
監督もそう思ったからああいうシーン入れたのではないのでしょうか?
m (2008/07/06 7:58 PM)
私は、魔王の方が、おもしろくなかった。演技のうまい役者はたくさん、いますが、主役が出来るのは華があり、アップに耐え、人を引き付ける魅力がないと、だめだと思います。山下君は十分に藍沢になっていたと思います。最初からアンチ的な気持ちで見ていたら、そう思うかも。
無理に山下君のファンでいなくても、いいじゃないですか、人の気持ちは変えられません。ただ山下君をもう、評価しないでください。お願いします。
ひまわり (2008/07/06 8:07 PM)
始めまして、ひまわりと言います。
藍沢先生の喋り方ですが、優しく聞こえるからもっと抑揚の無い感情の無い感じでと演技指導されたと雑誌にありました
先週のテレビ誌だと思いますが・・・
藍沢のキャラ設定が技術向上だけを考える冷酷な面と他の研修医達と普通に話す面と不気味な人物像みたいです。
敢えて心を読みすかされないようにということだと思います。
話が進むにつれ藍沢のもっと深いところが分かってくるとちょいハピさんの印象も変わってくると思います。
もしお時間があったらテレビ誌とかで見てみるともっと理解が深まるのでは?と思いました。偉そうにすみません。
あと冒頭の裸のシーンですがあれは山下君が希望してるわけじゃないと思いますよ。クロサギの時も裸サスペンダーを凄く恥ずかしがっていたので。製作者側の狙いにせよ、私はあのシーンで藍沢の虚無感みたいなものを出せてていいシーンだなと思いました。
裸=サービス以外の視点もある事を知って欲しいなと思います。
ちょいハピ (2008/07/07 1:32 AM)
chicaさん♪
お忙しい中(ですよね、きっと♪)、コメント下さってありがとうございます。

なんか、私の場合、ドクターヘリ云々というより、とにかく「山Pの新ドラマ!」という意識でいっぱいで、「今回の山Pはどうなの??」と思いながらドキドキして見ていたら、まず冒頭のシーンで……私の感じ方がおかしいのかもしれないけど、反射的に、山Pがさらしものにされている!って感じてしまったの。
それで、すごく嫌〜な気持ちになってしまった。

私も、恋愛の対象っていうのとは違うかなあ。
山Pに限らず、アイドルは私にとって「萌えの対象」という感じ。
しかし、もしかして、このドラマに「萌え」を期待してしまうのが、そもそも間違っているんでしょうか……♪
とにかく、次週以降に期待したいです。
たぶん、あの主人公が弱みを見せる瞬間あたりが、萌えを喚起する可能性が高いのではないかと踏んでいます。
ちょいハピ (2008/07/07 1:52 AM)
二番目のコメントの方へ♪
アンチの方も、私と同じようなことを言っているのでしょうか?
そう言われて、「もしかして私は“隠れアンチ”なのか!?」と、一瞬、心配になりましたが、どうも、そういうこともなさそうです。
ただ、山Pに限らず、他のアイドルに関しても、私は「アンチの人の言うことにも、一理あるかもしれないな」って感じることが時々あるので、「好きなアイドルに対しては全肯定」という方とは、感じ方や考え方が違うところはあるかもしれないです。
ちょいハピ (2008/07/07 2:08 AM)
llさん、コメントありがとうございます。
他の方々がどのような感想を持たれたのか、私はごく一部しか把握してはいませんが、やはり、全体的に、私が勝手に期待していたレベルには達していなかったと思います。
あくまでも個人的な感想なので、他の方々とは違っているのかもしれません。
そして、確かにおっしゃる通り、私にはいろいろと残念な点が多いので(笑)、そのことは否定しません。

『医龍』は見ていなかったので分かりませんが、坂口さんはそんなに裸になっていたのですか?
もしかして、医療ドラマには医師の裸が付き物なのでしょうか。
私は、医療ドラマをあまり見ないので、その辺の常識に疎くてすみません(汗)。

次週以降に期待しているので、これからも見続けたいと思っています。
たぶん、主人公の内面に、より肉迫していく展開になるのではないでしょうか。
というか、なってほしいです。
ちょいハピ (2008/07/07 2:20 AM)
4番目のコメントの方へ♪
おっしゃる通り、私はかなりイタイです。
その自覚はあるので、そこは否定できません(笑)。

そして、「魔王」のシャワーシーン、あれは確かに、それほど必然性があったのか疑問ではありますよね。
まさしく、サービスシーンだったのかな、とも思います。
もしかしたら、シャワーを浴びている間に、「天使」から「悪魔」へとモードがシフトする、といったことを表現しているのかもしれないですね。
そう考えると、必ずしも、全く不要ではなかったのかも……。
同じく、山Pのシーンも、着替えをするという必要上、どうしても不可欠だったのかなあ?

私も、視聴率のことはよく分かりませんが、作り手の方々は、冒頭にあのシーンを持ってくることで、視聴者の心をわしづかみにできるはず!と思ったんじゃないのかなあ。
ちょいハピ (2008/07/07 3:18 AM)
ひろろさん、コメントありがとうございます。
確かに、おっしゃる通り、そういう書き方になってしまっているかもしれません。
私も、彼が自分の意志で脱いだとは思っていませんが、ただ、たとえ本意でなかったとしても、そこには演じ手としての、一種の責任みたいなものは生じていると思うのです。
それで、そういう書き方になってしまいました。
「責任」というと大げさだし、冷たい言い方かもしれませんが……。

山下君の日記は、普段は簡素ですが、時々、ふっと心に迫る内容の時があるんですよね。
彼が、内面的な奥行きを持った、深みのある人物でなければ、決して書けない文章。
彼のそういう面が私には魅力で、それはずっと変わっていません。
だから、実際上、彼のファンをやめることなんて、私にはできないというか、あり得ないんですよね。
ちょっと、記事に書いたことと矛盾していてすみません。
でも、ドラマを見ていて、そんな懸念がよぎったことも確かで、しかし、その辺どうなのか、自らの心によくよく問うてみれば、結論は明らか。
増田君のファンになって以降、「では、私は山下君より増田君のほうが好きなのか?」と、何度か自問しましたが、その答えは、何度問うても、「やはり、自分にとって、より大切な存在と言えるのは、おそらく山下君のほうだ」というもの。
つぶさに点検してみると、どうしてもそうなるんですよね。
増田君も素敵なんですけどね。

山下君を見る目というのは、しかし、変わっていっていいのではないかと思います。
ご本人も、どんどん変わっていくのだし、ファンとしての思いも、固定化したものではなく、そのつど流動していくのが自然なのかなあと思います。
ちょいハピ (2008/07/07 3:28 AM)
まなみさん、コメントありがとうございます。
そういう見方もあるんですね。
そうなのかもしれません。
私は、もう見た瞬間、反射的に、「山Pの裸が見世物にされている!」というふうにしか思えなくて、すごく嫌な気持ちになってしまったのです。
実は、「いい演出だった」可能性もあるわけですね。
……しかし、う〜ん、やっぱり個人的には嫌かな(笑)。
だって、なんか、見せ方が変じゃないですか?(って思うのは私だけ?)
ちょいハピ (2008/07/07 3:53 AM)
mさん、コメントありがとうございます。
おっしゃることはとてもよく分かりますし、私もそう思います。
つまり、主役を張るには、もちろん演技のうまさだけではないですよね。
そして、山下君は、誰よりも華があり、アップに耐え、人を惹きつける魅力に満ちている。
だけど、そんな山下君だからこそ、私は不満だったのです。

(ちなみに、「魔王」の大野君は、少なくともテレビ上は、どうしようもなく華のないアイドルで、にもかかわらず連ドラの主演!というのが、それだけで既に私にはツボだったりします。)

私は、山下君に限らず、好きなアイドルではあっても必ずしも全肯定的に捉えることができない性分なので、どうしても、批判めいたことを書いてしまうことがあります。
その際には、たいてい、冒頭部分に、「ファンの方は不愉快に感じられるかもしれないので読まないでください」的な言葉を添えるようにしているので、そういう時は、どうぞ読まないでください。

そして、逆にお願いしたいのですが、どうか私に山下君のファンでいさせてください。
また、時に、彼に関して批判的な記事も書く自由を容認してください。
何とぞお願いします……!
ちょいハピ (2008/07/07 4:20 AM)
ひまわりさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
そうだったんですね。
私はほとんど事前情報ゼロに近い状態で見たので、そのあたりの事情は全く知りませんでした。
私はいつも、たとえば映画などを見る時にも、なるべく事前情報は入れないで、先入観を持たず、白紙の状態で見るようにしています。
ドラマに関してもやはり同じです。
それは、個人的な趣味でもありますが、やはり作品というものは、その単体で勝負すべきだという思いもあります。
事前情報や解説があって初めて成り立つ、というのは少し違うのであって、それらは、あればあったで、より理解が深まったり、より多面的に楽しめたり、などの利点はあるにせよ、なかったとしても、作品は作品のみで通用するというのが筋なのかな、とも思います。
そうした演技指導があったにせよ、私が感じたのは、記事に書いた通りの印象でした。
おそらく、同じ演技指導を受けても、そうした印象に陥らない演技というものも、ありえたはずだと思います。
その意味で、やはり力不足だったんじゃないのかな……。

冒頭のシーンは、私ももちろん彼が希望したとは思っていないです。
そして、短絡的に「裸=サービス」と捉えるわけでもありません。
しかし、あのシーンは、反射的に嫌悪感しか湧いてきませんでした。
それは、ドラマの作り手に対してです。
山下君の体を見世物にしないでほしい!という気持ちで。
──しかし、いま急に思ったのですが、そもそもタレントなんだから、見世物にするのが正しいのかな。
なんか、そんな気もしてきました。
どうなんだろう?
m (2008/07/07 8:51 AM)
おはようございます。
辛口なコメントに、お返事をしてくれるあなたは、本当に誠実な方なんですね。少し誤解をしてたかもしれません。ごめんなさい。
でも、ファンの方は見ないでと言われても、気になるのが人間の心理ですね。私もアンチのたまり場に言っては、凹む事もあります。山下君は人気があり恵まれているせいか、アンチも多いです。特に他のジャニGの担当や同じGの担当まで、、妬みですね。それが盛り上がるの怖いですね。山下君が完璧だとは思いません。でも大好きだから、ダメだししたい気持ちもわかりますが、プレッシャーに耐えながら、頑張ってる山下くんを思うと可哀想でなりません。痛いファンですね。
だからと言って盲目に褒めちぎるの気持ち悪いとも思ってます。彼の成長を暖かく見守りたい、そして、「コードブルー」の成功を、とにかく祈ってます。 山下君のファンでいてくれる事うれしいです。
ひまわり (2008/07/08 12:57 AM)
わざわざきちんとお返事書いてくださっていて驚きました。
ありがとうございます。
愛あるダメ出しもありだと私は思ってます。
また寄らせて下さいね。
ちょいハピ (2008/07/08 1:37 AM)
mさん、お返事ありがとうございます。
とても嬉しいです。
確かに、ファンとしては、彼の必ずしも完璧でない部分を指摘するより、温かく見守るほうが、正しい態度なのかもしれないですね。
私の書いた内容は、ファンとしては少し冷たすぎたのかもしれないなあと、ちょっと反省もしています。
思ったことを正直に書いたので、書かなければよかったとまでは思っていないのですが、それにしても、もう少し書きようがあったかなあと。
そもそも、その彼の完璧でないところ自体がまた魅力でもあるんですよね。
彼は、たぶんこれからのジャニーズを背負って立つ人なのではないかと思ったりもしています。
……なんていうと、またプレッシャーをかけることになってしまうのかしら。
何にせよ、今後の彼のさらなる活躍を、私も見守っていきたいです。
ちょいハピ (2008/07/08 1:40 AM)
ひまわりさん、こちらこそお返事ありがとうございます。
お心遣い、痛み入ります。
またぜひ遊びに来てください。
Chica (2008/07/08 6:09 AM)
ちょいハピさん、サイコー!

ますます、ファンになった、私。
ちょいハピ (2008/07/09 1:03 AM)
Chicaさん、ありがとう。
これからもよろぴくね♪









夏ドラマが好スタートを切った山下智久は、なぜか憂うつ?
 夏ドラマがスタートして驚きの高視聴率を記録したのが、山下智久(23)と新垣結衣(20)の「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」(フジテレビ)。初回視聴率は21.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。しかし、手放しでは喜べないのがジャニーズの山下か。 8
| Newsブログ検索結果BLOG | 2008/07/10 8:01 PM |
ニコプチとは【大人のための情報館】
ニコプチとは、ローティーン文化に大きな影響を与えているファッション雑誌です。このブログでは、そのニコプチについての情報を詳しくご紹介します。
| ニコプチ | 2008/09/06 8:59 AM |
関連する記事を集めています
関連する記事を集めています
| ビーグレンの達人〜ビーグレンマニア〜 | 2009/03/08 1:53 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/14 11:50 PM |