<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
<< 最初で最後の切ない花火デート | main | 井ノ原快彦『アイドル武者修行2』10月2日発売!!!!!!! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

増田貴久くん主演「幽惑ドライブ」を観て

さて、先週金曜日、8月22日に再放送された、「ほんとにあった怖い話・夏の特別編2007・前世の謎を解く心のミステリーツアーSP」。
そのうちの一編にNEWSの増田貴久くんが出演している(というか主演している)ので、お見逃しなく!という話を、先週、放映直前ぐらいに書きました。

それで、実はまずお詫びしなくてはなりません。
その記事を書いた際に、そのドラマのタイトルを「霊感ドライブ」としていたのですが、実際に放映を観てみたら、「幽惑(ゆうわく)ドライブ」となっていたのです。
ネット上の複数の書き込みで「霊感ドライブ」となっていたので、まあ大丈夫だろうと思って、そのまま書いてしまいました。
実は、いちおう確かめたいと思い、フジテレビの番組表も見たのですが、番組全体のタイトルまでしか分からず、確認を断念し、曖昧情報と知りつつUPした次第です。
いくらB型人間とはいえ、少々テキトーすぎました。
お詫びして訂正いたします。

ちなみに、「幽惑」っていうのは、「幽霊が惑わす」というのを「誘惑」と引っかけて付けたタイトルということでしょうな。
確かにそんな内容です。

何はともあれ、そんな波乱含み(?)の中、観始めたわけですが、なんか、時間にしてみたら、すごく短いのね。
あっと言う間に終わってしまった感じ。
(ちなみに、私は怖いのが苦手なので、彼の出演した部分以外は全て早送りにしたことはもちろん、観終えるや否や、まっすー出演部分以外は即刻消去させていただきました。番組制作者の方々、ご了承くださいませ♪)

しかし、改めてつくづく思ったのですが、まっすーって、普通に演技がうまいですよね。
すごくナチュラルだし、演技してる感じがしなくって、ほんとに、その辺の男の子が普通にしゃべっているみたいな感じなのよね。
それは、実は、その辺の男の子が普通にしゃべっても、ああはならなくて、ちゃんと演技をしているから、ああいうふうにナチュラルに見えるんですよね。
もう、普通に役者として使える男、デキる男なんだけどなあ。
それなのに、なんで連ドラに出演してくれないでしょうか。
たまたま、彼に合った役がないっていうことなのかしら。

だけど、たとえば、松本潤くんが主演した「バンビ〜ノ!」なんて、どうです?
松潤が演じると、かっこよすぎて私は違和感があったのですが、まっすーだったら、もっと「ダメな子」っていう雰囲気がうまく釀し出せたのではないかしら。
……まあ、イタリアンが似合うとは、お世辞にも言えないところはあるものの(汗)。

世間の人々が、彼の魔性に心をぶち抜かれることなく、日々を平穏無事に過ごしていることが、むしろ信じられない(笑)。
あんな子豚が、この世に存在しているというのに、そしてその鼻の穴は、あんなにキュートだというのに。
もっと、世界中の人が一斉に、あの子豚の魔性に心を揺さぶられ、いてもたってもいられない日々を送ることこそが、あるべき姿なのではないでしょうか!!

……ま、少なくとも、もうちょっと注目されてもいいと思うのですが、何しろテレビへの露出が少ないですからね。
バラエティーは難しいでしょうから(空気を凍らせすぎるので……しかし、それも一興か!?)、やはりドラマ、それも連ドラに出演してほしい。
そうだ、この際、朝ドラとか、どうです?
主人公の女の子の幼なじみで、「いい人なんだけど、要領が悪くて、いつも損ばかりしている」みたいな役とか。

彼は、本当はもっと注目されるべき人。
頑張って、いっそ大河ドラマの主役とか、つかんじゃえ!!
YOU、つかんじゃいなよ!!!!!!!

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:増田 貴久
で、肝心のドラマの内容ですが、怖いのであまり触れたくないですが、言えることとしては、遊び半分で心霊スポットなど決して訪れるものではない、ということですね。
おもしろがるのではなく、きちんとした霊知識を得ること、そして、この世での生存を正しく確立すること、その二つをバランスよく保てば、むやみに怖がる必要はありません。
繰り返しますが、おもしろがることも、必要以上に怖がることも、得策ではありません。
この世できちんと生きていきながら、できれば正しい霊知識も学べたら、よろしいのではないかと思います。
2008.08.27 Wednesday 02:03 | comments(4) | trackbacks(2) | 魔性の子豚・増田貴久(「ハンサムまっすー」改め) | 

スポンサーサイト

2009.10.23 Friday 02:03 | - | - | - | 
ake (2008/08/27 11:23 PM)
こんばんは
まっすーにいつも癒しをもらってます
昨年私も怖いのは嫌いなので目をつぶりながら見てました(汗)
yaが放送されてた時ですが凄い昔の【愛Q劇場】が好きでyouyubeでよく見てました。あのような感じもいいって思います
もっとドラマに出て欲しいです
テレビに出るのが少ないって思います。
ちょいハピ (2008/08/28 12:20 AM)
akeさん、こんばんは!
愛Q劇場……♪
私は写真でしか見たことがないのですが、素晴らしいですよね(たぶん)!!
写真だけでも、かなりいい感じなのが伝わってきます。
ほんとに、とにかく何でもいいから(?)もっとテレビに出てほしいです〜。
あと、せっかく声がいいんだから、洋画の吹き替えとかもやってほしいです♪
mass_gyoza (2008/08/28 2:59 AM)
こんバナナ〜♪

「幽惑ドライブ」観ました。
増田君は表現力があるので、本当に演技上手いです☆
歌もダンスも演技も上手なのに…トーク意外はやれば出来る男なのです!
(最近はトークも頑張っているのようですが…グダグダになってしまう?(~_~;))

「SUMMAR TIME」のPVの監督のように分かる方には分かって頂けるのでしょうが、世間的に評価されないのが凄く残念です。

悲しいかな大根でも華があると主役になれちゃう時代だし。
事務所も違うゴリ押しなんてしていないで、実力のある人を宣伝して欲しいと思います。

本題の「幽惑ドライブ」ですが、後半まっすーが車のボンネットに押し付けられ友達に責められる場面で「またまっすーやられちゃう役だ〜」(やられちゃうまっすーに萌えです♪)と第三者的に観ていたのですが・・・。

先日「ほん怖」を観た知人が「まっすーにガシガシやりたい!」と言っていたのを聞いて、自分もその立場での妄想が・・・キャ〜☆激しくイタイ私です(汗)

怖いのは苦手なのに、妄想以来怖いはずの「幽惑ドライブ」が、萌え萌えドラマになってしまいました(汗)

変態カキコお許し下さい。(~_~;)


akeさん(突然すみません)
はじめまして。
私も「愛Q劇場」でどっぷり増愛病になりました♪
ハニーちゃん大好きです!


ほんと、何でも良いからテレビに出て!!ですね♪
ちょいハピ (2008/08/29 1:04 AM)
mass_gyozaさん、こんバナナ〜!!
(このあいさつ、めちゃくちゃテンション上がりますね〜♪)

そうそう、そうなのよ〜、表現力があるのよ〜!
そして、PVの監督のように、見る人が見ればちゃんと分かることなのよ〜!
……ハァハァ、興奮してしまいました(汗)。

しかし、そのお友達の「まっすーにガシガシやりたい!」って、とても素敵な感性ですね♪
その妄想、なかなか楽しそうです。
変態万歳!!(爆)

「愛Q劇場」……DVD化されないかしら??









花より男子 主題歌
花より男子の主題歌についていろいろ調べました
| 花より男子 主題歌 | 2008/08/28 2:02 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/01/03 11:12 AM |