<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
<< 「大野智さんの表現見事」@9月25日(木)読売新聞 | main | 「ネオアンジェリークAbyss2」最終回を観て >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

井ノ原快彦さんの10月以降の活躍に期待♪

先日、いつものように、携帯サイト「ジャニーズウェブ」にて、V6の井ノ原快彦さん(←このところ、時に彼を「さん」付けで呼ぶのが小規模のマイブーム)の日記「イノなき」を読ませて頂いていたところ、タイトルが「できた!」となっておりました。

思わず、「まあ♪ そうね、そろそろできてもいい頃よね、ウフ♪……な〜んて、そんなこと、こんなところで、こんなふうに軽々しく報告せんよなぁ……」とか、一人でぶつぶつ心の中でつぶやきながら本文を読んでみますると、やはり、この本のお話でございました。

アイドル武者修行2
井ノ原快彦

発売日が10月2日とのことですから、いよいよ迫ってきました。
……発売記念握手会、なんてやらないのかしら……♪
──やらないか、ははは……。
たぶん、やってくれたら私は行っちゃうと思うんだな〜、万難を排して。
(そして、たぶんその場で泣く。)
──まっ、それはいいとして(汗)。

そして、この本のことも、前にも記事に書いた通り(井ノ原快彦『アイドル武者修行2』10月2日発売!!!!!!!)、とても楽しみにしているわけですが、そのほかにも、今、幾つか楽しみなことがあります。

一つには、もちろん、これも上演が迫ってきた舞台「昭和島ウォーカー」ですが(私はいちおうチケットを入手することができ、11月に観劇予定なのですが、う〜む、ただ、急な仕事の予定が入らないとも限らないので、本当に観に行けるのか、まだ予断を許さない状況。内心、ちょっとドキドキなのです)、そのほか、テレビ番組もけっこう一新されるみたい。

まず、彼の素(す)の部分や、知的な側面、そして何を着ても似合っちゃうかっこよさ、などなどを味わえる素晴らしい番組だった「R30」が、先週の土曜日でいきなり最終回を迎えました。

だけど、今度、10月からは、火曜日に、「R30」と同じくTOKIOの国分太一くんと二人で、「タイノッチ」という番組をやるんだって。

番組名は「太一(タイチ)」と「イノッチ」を掛け合わせたもので、確か、同タイトルで、ジャニーズウェブ上で対談をしていたこともあった気がしますので、ファンにとっては耳慣れたタイトルです。

「R30」は、スタジオにいろいろなゲストを招いて興味深いお話を傾聴するといった番組でしたが、今度は、二人でどんどんロケに出て、「大人げない遊び」に興じるのだそうです。
イノッチは、本当に、大人げない遊びの似合う人よね。
きっと楽しい番組になりそう。

太一くんとのコンビも絶妙で、こういったら何だけれど、彼と一緒にいると、本当に井ノ原くんのかっこよさが際立つの。
もちろん太一くんも素敵なんだけれど、どちらかというと彼のほうがメイン司会的に面白おかしく番組を回してくれるので、イノッチのほうは、V6で番組に出ている時のように、一人でしゃかりきになって頑張らなくてもいいから、落ち着いた雰囲気で、知的な側面も全開にしてくれて、もう、私みたいに彼の知性に惚れ込んでいるファンにとってはたまらんのですわ。

──まあ、今度の新しい番組では、あの二人の関係性が、どんな化学変化を起こしながら展開していくのか分かりませんが、何にせよ、ちょっとワクワクしています。

あと、V6で出演していた「学校へ行こう!」も9月で終わり、10月からは新しい番組が始まると聞いていましたが、ジャニーズネット上に載っている、この「新知識階級クマグス」というのがそうなのでしょうか。
──「クマグス」?
南方熊楠(みなかた・くまぐす)から取ったの?
何だろうね。
いずれにしても、いのっちが素敵であってくれれば、あとは細かいことなので、何でもいいです(笑)。

井ノ原くんは、いつ、どんな時でも、何があっても(そう、生放送の舞台上でコケちゃったりしても)、安心して見守っていられる人。
本当に、しみじみと大好きな人。
これからも、たくさんの幸せを生み出して、たくさんの人の心を、そして世界を、幸せで埋め尽くしていってほしいです。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:井ノ原快彦
(全然関係ないけど、嵐の相葉雅紀くんも、将来、あんなふうになってくれるといいのにな。
司会もうまく、トークも常に当意即妙で、歌も踊りもそつなくこなし、演技もできて、何を着てもかっこよく、みんなに信頼され、好かれ、愛され、しまいにツーショットで結婚発表記者会見を開いてみんなに祝福され。
相葉ちゃんは人柄がいいから、きっとそんな道もあり得ますね。
ご自身では、今後、バラエティー方面で、より活躍の場を広げたいとお考えなのかもしれませんが、一ファンとしては、どちらかというと、ドラマに出てほしいな。
大野智くんが「魔王」でバッチリはまったみたいに、相葉ちゃんにも、相葉ちゃんにしかできないような素敵な役があるはずなの。
それは、auのCMで演じていたような、クイズ番組で簡単な問題に答えられないおバカさんの役かもしれないし、おじいちゃんを大切にする優しい孫の役かもしれない。
きっと素敵なドラマになって、ますますみんなに愛されてしまう。
だって、そうなって然るべき人だもの。
相葉ちゃんっていう人が、この世に存在してくれていてよかった。
その頑張っている姿に、時々なぜか涙してしまう。
これからも、もちろんほかの4人もですが、力一杯応援したいと思いますので、ぜひ頑張って、井ノ原くんのような、素敵な30代になってくださいね。)
2008.09.29 Monday 02:01 | comments(2) | trackbacks(1) | 男の中の男・井ノ原快彦 | 

スポンサーサイト

2009.10.23 Friday 02:01 | - | - | - | 
小林 (2008/09/29 9:30 AM)
最終回を迎えてしまった番組、多そうですね。。
また、みなさんの新たな活躍に期待したいです!
ちょいハピ (2008/09/29 8:05 PM)
小林さま、コメントありがとうございます。
最終回を迎えたといっても、また新たな番組にバージョンアップしたということなので、とてもワクワクしています。
今後がますます楽しみですよね♪









不死身の男
ロサンゼルスのウオルト・ホイットマン高校で歴史を教える黒人教師が、ある時は厳しく、またある時は優しく生徒達に接していくヒューマンドラマ
| アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー | 2008/09/29 5:34 PM |