<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
<< 「流星の絆」特製ハヤシライス&特製ビーフカレー | main | ドラマ「流星の絆」原作を読んで >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

湊かなえ『告白』を読んで

全国・全世界のミステリー小説ファンのみなさま、そしてミステリー小説ファンでも何でもないみなさま、こんばんは!!

さて、ミステリー小説ファンの方であれば、既に読まれた方も多いかもしれませんが、もしも、ミステリー小説ファンであるにもかかわらず、まだ読んでいない、という方がいらっしゃったならば、悪いことは言わないから、即刻読め!!と言いたいです。

告白
告白
湊 かなえ

とにかく、一言で言ってしまうならば、脱帽です。
私はたぶん、今後、この作家の作品を読み続けることになるでしょう。
確かに、陰惨だし、救いもない。
あえて、わざわざ取り上げて、みなさまにお勧めするような、感動的な作品、というわけでもありません。
ただ、とにかくすごい。
「素晴らしい」というより「すごい」。

全編が一人称で綴られているのですが、その語り手が章ごとに移り変わっていく。
一人称だから、当然、それぞれに偏った見方になっていて、それらを統合しながら読み進むうちに、事件の全体像が次第に立体的に浮かび上がってくる。

感心するのは、人間の闇の部分を、決して引きずられることなく、冷徹に描き出していること。
作者自身も、ある程度、自分の中に闇を抱えていなければ、きっと書けない内容だったと思うのですが、その闇に支配されてしまうことなく、あくまでも作者として一段高いところからそれを見つめ、深く穿ち入りながらも淡々と文字化している。

逆に怖いですね。
そうだ、「すごい」というより「怖い」のかもしれない。

いちおう、こんなわけの分からない感想だけではどんな本なのか全く伝わらないと思うので、Amazonの内容紹介を引用します。

我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。
ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。
選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。


本には、解説も特に載っていませんが、情報としては、「第29回小説推理新人賞受賞」とのことです(帯より)。

天国的なものしか読みたくない、という方にはお勧めはしませんが、しかし、この種の闇は実際にこの世に存在しているもの。
この闇に対して、光って本当にあり得るの?
いったいどんな光を、どういうふうに投げかけていけば、この闇を緩和することができるの?
そんなことも、考えてみなくてはなりません。
ぞくぞくするほど面白かったですが、それだけではなく、いろいろ考えさせられます。
「殺人は本当に悪なのか?」という少年の問いに、私たちは答えなくてはならないんだもの。

いろんな意味でお勧めです。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:ミステリ
2008.10.21 Tuesday 02:10 | comments(2) | trackbacks(4) | 読書・文学 | 

スポンサーサイト

2009.10.23 Friday 02:10 | - | - | - | 
トム(時に小夏) (2009/02/14 12:35 PM)
「告白」わたしも読みました!
父の書籍コーナーから抜き出し、
大晦日の紅白歌合戦が始まると同時に読み始め、「今年は氷川きよしがトリだって!」という父の声を無視して、なんとか年内に読み終わりました★★★一気読みですよ。首が凝りました。。。。

新年を迎える前に読むような内容の本では
ございませんが、わたしも脱帽しました!!!!

女版・東野圭吾の登場かと思いました。
読み終わると同時に最初のページに戻り、
「ああ、これはあそこにつながるんだ〜」と
関心しながら読み返しました。

実に面白い。腕のある作家だなーと思いました。
「私の男」という作品を書いた作家(名前忘れ)
にしても、東野圭吾にしても、伏線作家が最近多いですよね。理系思考ができる作家というか、緻密な計算ができる作家さんというか、、、。
あんまり海外の作家でこういう緻密さのある人って
いないんじゃないかな。
日本人ならではというか、SEIKOの時計職人のような緻密さというか。

新作「少女」を早く読みたいです。
今度貸して下さい!!
ちょいハピ (2009/02/16 1:09 AM)
トム(時に小夏)さん、こんにちは。
『告白』は、そうとう面白かったですよね!
かなり毒はありますけどね〜。
『告白』が面白かった方なら、『少女』もきっとお気に召すのではないかと思います。
ぜひ♪









森博嗣のオススメ本
数が多すぎてどこから読めば良いのか分かりにくい森博嗣のオススメ本
| 森博嗣のオススメ本 | 2008/10/23 4:05 PM |
こんにちは
スパイス・ハーブの情報サイトです。フレッシュなハーブで健康な生活を!ピリッと辛いスパイスで刺激的な生活を! おいしいカレー情報もあります♪
| スパイス&ハーブ | 2008/10/28 6:20 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/02 3:54 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/19 5:03 AM |