<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
<< 「風」 | main | 「あっちゃん、かっこいい!」を懐かしむ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

「離婚」に逆上、「夫」を消去……。

なんというか、その……言葉に詰まるのですが、とにかく、ある意味、すごい事件です。

ネット空間「殺人」事件、「離婚」に逆上し夫キャラ「消去」

ある知人は、これを評して「二次元においても家庭裁判所が必要な時代になりましたなぁ」などと述べていましたが、本当にそうなのかもしれません……。

わさわざブログで語るほどの問題なのかな、とも思いつつ、こういう事件があったということを、記憶にとどめておきたい、という意味もあって、取り上げてみました。

……個人的には、やっぱり、いくらネット上のこととはいえ、勝手に「離婚」するのはルール違反じゃないのか?って、ちょっと思っちゃった(汗)。

もちろん、だからといって「消去」されてはたまったものではない、というのも分かります。

この双方が大まじめに悔しがっている気持ち、それぞれによく分かる気がしつつ、それにしても、傍から見ると、何とも……う〜ん、言葉に窮するものがあります(ばかばかしい、と言ってしまうと、あまりにも身も蓋もないので)。

まあ、いずれにしても、いくら「結婚」したからといって、IDやパスワードまではそうそう簡単に教えてはいかんですぞ、ということも、教訓として覚えておいたほうがよさそうですね。

──それから、こうしたネット上のトラブルから、実際に殺人や自殺などに至ってしまうこともあり得るわけですから、もしかしたら、この被害者の男性は、ネット上で「消去」されるだけで済んで、実はまだマシだったのかも、なんて思ったりもします。

結論的に言うならば、やはり、ネット上の付き合いというものも一種の人間関係である以上、一定のマナーは守らないと、いろんなトラブルが起きてきますから、お互いに気をつけていきたいですね、という、ごく当たり前の感想に帰結しそうです。

こうしてみると、ばかばかしいようでいて、意外と考えさせられる事件だったかもしれません。

ネットを利用している者にとっては、誰しも、全くの他人事とは言い切れませんしね。

万が一、そんなふうに「離婚」することになったとしても、なるべく円満に解決を図りたいものだなあ、と思わせられたことでした。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス
ちなみに、「JUGEMテーマ」をどれにするか、少し悩みました。
ほかに、「奇々怪々なニュース」や「痛いニュース」などの選択肢もあったので。
でも、当事者はあくまでも大まじめなのですから、あまり茶化すような形でカテゴライズするのも憚られ、「びっくりニュース」程度に抑えておきました。
……以上、どうでもいい報告でした……。
2008.10.24 Friday 01:43 | comments(2) | trackbacks(0) | 時事 | 

スポンサーサイト

2009.10.23 Friday 01:43 | - | - | - | 
ake (2008/10/25 10:23 AM)
インターネットの世界って本当にこわいって思うこともあります(汗)
色んな世界があるんですよね(汗)
ちょいハピ (2008/10/26 2:18 AM)
akeさん、こんばんは♪
いろんな人がいるし、普通なら出会わない人とも出会うし、二次元だとどうしても思い込みや妄想に走りやすい面もあるしね。
気をつけたいですよね。