<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
<< 嵐・二宮和也の日記連載終了を支持する【追記有】 | main | 「書きたいこと」リスト(汗) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

「M−1グランプリ」決勝を観て

あまり時間をおくと古くなってしまうので、早めに書いておきます。

21日(日)、今年も恒例の「M−1グランプリ」の決勝が行われました。
あれを観ると、「ああ、年末だな〜」って感じがするんですよね。

といいつつ、毎年そんなにがっつりは観ていなくて、去年はたまたま、上位3組の最終決戦だけ観たのですが、やはり優勝したサンドウィッチマンがめちゃくちゃ面白かった記憶があります。
そんなことも思い出して、今年は録画してまで(笑)最初から最後まできっちり観させてもらいました。

で、感じたのは、全体に審査員の人たちの評価が極めて公平で妥当だった、ということ。
観ていて、「ああ、なんかダメそう……」と思われた組は、やはり敗退していったし、「おっ、これは行くんじゃないか!?」と思えた組は、ちゃんと上位に食い込んでいった。
最後に、あの3組(オードリー、NON STYLE、ナイツ)が最終決戦に残ったのも、さもありなんと思いながら観ていました。
さらに、NON STYLEの優勝も、極めて妥当な結果だったと。

オードリーは、私はあまり好きではないのだけれど(あんなふうに強く頭をぶったたくツッコミって、やはり好きになれない)、でも、彼らの披露したネタはどちらもとても面白かった。
3組の中に入ったのはうなずけたし、最終決戦で披露した街頭演説のネタも、前に一度観たことがあったのに、やっぱり面白くて、よかったと思います。
ただ、3組の中では、やはり少り見劣りがしたので、「優勝はないかな」と思っていました。
とはいえ、過去に、「ないかな」と思っていた組があっさり優勝してしまった回もあったので、そうなっちゃったらどうしよう、というハラハラ感もあり。

私としては、「NON STYLEが優勝かな? でもナイツにも可能性はあるはず!」みたいな気持ちでドキドキして結果発表を見守りました。
だから、審査員の7票のうち、2票がオードリー、5票がNON STYLEという結果で、ナイツはちょっと気の毒でした。
3組の中に残っただけでもすごいのだけれど、優勝の呼び声も高かっただけに、そうとうがっくり来てるだろうなあ。

でも、私は、「私が審査員ならナイツに1票入れる」という気持ちで観ていたんですよね。
NON STYLEの優勝を妥当と思いつつも、個人的に、今後も長くネタを見続けていきたいといちばん思えるのが、ナイツだったから。
もともと私はダジャレ系というか言葉遊び系というか言い間違い系というか、そういうのが大好きなので、前から好きなコンビでした。
なので、もちろんNON STYLEはめちゃめちゃ面白かったのだけれど、最終3組の中でも、私がいちばん笑ってしまったのはナイツだったし、優勝してほしいな、と思って応援していたわけです。

ナイツのネタは、パターンが出来上がっているし、「次はこう来るぞ、こう来るぞ」と分かっていて、実際にそのとおりなのに、それなのにやっぱりどうしても笑ってしまう。
やっぱりどうしても、面白い。
大したものだと思います。
彼らには、これからも長く、いろいろな物事の「イチモツ」を(笑)紹介し続けていただきたいと思っています。
今後も楽しみです。

また、もう一つ印象的だったのが、敗退していく人たちの表情でした。
特にキングコング。
もう、一言でも口にしたら号泣してしまいそうなくらいいっぱいいっぱいになっているのが、手に取るように伝わってきて、観ていて泣きそうでした。
でも、その後、談話を発表して、同期のNON STYLEの優勝を心から祝福しているようです。
偉いですね。
素晴らしいです。

勝者がいれば、敗者もいる。
ほんと厳しいなあ。
最終8組に残っただけでも、ものすごくものすごくすごいことなのに、やっぱり優勝を狙って来ているわけだから、どんなにか悔しいことでしょうね。
お互いに、ライバルでもあり、たぶん友人同士でもあって、その中で争って、優劣を判定されるのって、切ないですね。
それでも相手の成功を祝福できるのってすごいことだし、だからこそ今後も伸びていくことが見込まれるんだろうなあ。

この勝ち負けで一生が決まったわけではないから、敗退した人たちも、優勝した人たちも、これからも浮沈はあるでしょうけれど、頑張っていってほしいです。
いいものを観させてもらったなあ、と思います。

←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪
ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪
そして、なぜかこの記事を「時事」にカテゴライズする私(笑)。
2008.12.22 Monday 17:30 | comments(2) | trackbacks(3) | 時事 | 

スポンサーサイト

2009.10.23 Friday 17:30 | - | - | - | 
ぴえろ (2008/12/22 10:24 PM)
M1見逃しちゃいました(´-∀-`;)

でも録画は娘がしてくれたみたいなので
ちょいハピさんの解説を頭に入れながら
楽しんでみますね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ
ちょいハピ (2008/12/23 2:17 AM)
ぴえろさん、いつもありがとうございます♪
解説というほどでもなく、独断に満ちた感想にすぎないので、参考になるかしら?
またご覧になったら感想を聞かせてくださいな〜♪









M-1グランプリ 2008 感想
どうでしたか?今年のM−1。 実は私、どのコンビも腹の底から笑えなかったなぁ。(笑) というのが正直な感想です。 M−1というのは漫...
| でくの坊主 | 2008/12/22 7:37 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/12/25 7:07 AM |
サンドウィッチマン
若手漫才日本一を決める「M―1グランプリ2007」で先月優勝した、仙台市出身のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」が26日、地元同市泉区の大型ショッピングセンターで「凱旋(がいせん)トークライブ」を披露した。
| サンドウィッチマン | 2009/01/09 1:57 AM |