<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday  | - | - | - | 

谷崎潤一郎『猫と庄造と二人のおんな』から『細雪』まで

谷崎潤一郎について書き始めたら、けっこう長くなりそうな気がする。

初めて読んだ作品は、『猫と庄造と二人のおんな』で、私は十代の終わり頃だったと思う。

猫と庄造と二人のおんな
猫と庄造と二人のおんな
谷崎 潤一郎

読んだ理由は、たぶん、その頃、「猫」と名のつく本を読むことに凝っていたからだ。
読んでみて、しかし、その面白さに私は目を見張った。

谷崎とは、こんなに面白い小説家だったのか!
現代作家以外で、こんなに面白い小説を書く作家がいたのか!


今思うとかなり愚かではあるが、そんな驚きでいっぱいだった。

何しろ、それまで、私にとって、昔の日本の作家の作品を読むということは、取りも直さず一種の忍耐を伴う行為であったのだ。
ところが、谷崎の小説は普通に面白く読める。
しかも、その面白さは半端ではない!
これが驚きでなくて何であろうか、というわけである。

それからしばらくの間、私は谷崎の小説を、それこそ読みあさった。

そう、はっきりと記憶が甦ってきた。
大学一年の時だった。
私は一浪しているから19歳の時だ。
大学の近くの何軒もの古本屋を毎日のように梯子しては、安く買い込んだ本を、空き時間に教室で読んだりしていた。

谷崎は私にとって、ずいぶん長く、大好きな作家の一人であった。

数多くの短編の中で、特に記憶に残るのは、「卍(まんじ)」だろうか。

卍

谷崎 潤一郎

前に、このブログのなかでもチラッとだけ書いたが(映画「スイミング・プール」は必見、かも?)、四人の男女が、何というか、くんずほぐれつっていったら変だが、一体誰と誰が、どの組み合わせが恋人同士であるのかないのか、何がどうしてどうなっているのか!?みたいな感じで(説明になっているのかどうか、我ながら多大な疑問を残しつつ)、ミステリーっぽい感覚もあり、ものすごく引き込まれて読んだのを覚えている。

ただ、谷崎を好きと言いつつ、『細雪』は、長らく読まずにいた。
その理由は、ごく単純な話。
古本屋で買い求め、わくわくしながら繙き始めた『細雪』は、しかし、悲しいことに乱丁本であった。
つまり、ページの順番がへんてこりんになっていて、読むに読めない本だったのだ。
新刊本なら、出版社に送れば新品を送り返してもらえるが、古本だから、そうもいかない。
あまりにもがっかりした私は、勢い余って、『細雪』を読もうという意欲を失してしまった。

そのまま、十年以上の月日が流れた。
30歳を少し過ぎた頃、私は、東京より少し寒い地域に住んでいた。
その寒い冬の夜長の無聊〈ぶりょう〉(暇で退屈なこと)を慰めるのに、『細雪』はまさに打って付けだった。
久々に触れる谷崎は、紛れもなく、若い頃に胸を躍らせながら読みあさった、あの谷崎だった。

細雪
細雪
谷崎 潤一郎

大部ではあるけれど、これ以上はないほど、小説の面白さというものを堪能させてくれる一冊である。
私にとって、どんどん読み進めたくなってしまう、でも、読むほどに残り少なくなっていくことが残念に思える、そんな、子供みたいな読書の楽しみを、久しぶりに感じさせてくれた一冊でもある。

それでも、どうしても長いのが苦手、という方には、冒頭に挙げた『猫と庄造と二人のおんな』をお薦めしたい。
これは、とても短いが、谷崎の持ち味を充分に楽しむことができる。
最初に読んだ谷崎がこれであったことは、私にとって非常な幸運であった。
『細雪』と並んで好きな作品である。

あるいは、もし、『痴人の愛』や『鍵』などを読んで、谷崎にあまり好印象を持っておられない方がいたとしても、上記の二作品は、あなたの谷崎観を、きっと塗り替えるに違いない、それも、必ずや、あなたにとっても、また谷崎という作家にとっても、よい方向に!……ってなことを思ってみたりするわけなのだった。

あっ、気づけばすっかり明け方ね。
なんでこ〜なるのかしら♪
うふっ☆
(明け方なだけで、素面は素面ですよ……念のため。)

ああ、ようやく谷崎について書くことができた。
ひとまず、よしとしよう。

←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆
2006.03.26 Sunday 05:17 | comments(3) | trackbacks(0) | 読書・文学 | 

映画「スイミング・プール」は必見、かも?

最近、TBCのCMに出ている、飾り気のない清潔な感じの女優さんを、みなさんはどの程度ご存じだろうか。
CMの最後に彼女が言う「TBC」の発音から、英語を母国語としない人であることは察しがつくのではないかと思うが、──たとえば、「8人の女たち」は観たけど「スイミング・プール」は観てない、という人がいたとしたら、その人は、あれがあのリュディヴィーヌ・サニエであることを、一目で認識できるだろうか?

私は基本的にフランス映画はあまり好きではないので──だって、往々にして自己満足の香りふんぷんだから──ほとんど見ないが、フランソワ・オゾン監督の作品は時々観る。
「8人の女たち」では、まだほんの子供でしかなかった彼女が、「スイミング・プール」では、すっかりゴージャスな女優に変身していて、驚いたものである。

驚いたことの一つは、彼女の脱ぎっぷりのよさである。

うっ、こんなにもあっさりと??
よかったのか、それで??

と、一瞬ひるんだが、まあ、せっかく美しいのだから、脱いでくれることには別に異存はない。

そう言えば、遙か昔のことになるが、ジム・ジャームッシュ監督の「ミステリー・トレイン」では、若かりし日の工藤夕貴が、同じくあっさりと美しく濡れ場を演じていて、あれにも多少驚いたものである。
元アイドル系の女の子だったのだから、もう少し話題になってもよかったと思うのだが、当時、特にそれが取り立てて話題になっているということはなかったから、観てみて驚いたのだった。
その時に彼女の恋人役を演じたのが永瀬正敏で、彼はまだほとんど新人だったんだよね、確か。

……「ミステリー・トレイン」と言えば、私、当時の恋人と、それを観るか観ないかで、けんかになりかけたことが(笑)。
私は観たかったのだが、相手のほうは観たがらなくてねぇ……。
しょうがないので、私は、後日、一人で観たんだけどね。
(なんか、ほのぼのした、ちょっと笑えるいい話、でしょ??
──と思うのは私だけなのか、やっぱり!!)

えっと、どうでもいい話が混ざってしまったぞ。
だからさぁ、「スイミング・プール」ですよ。
あの映画は、ほんとに、最後の最後に、
「ん? んんっ??」
と思わせられたことである。
DVDで観たので、ついつい、その部分、巻き戻して観てしまったが、何度観ても、
「んんんんんっっ???」
なのであった。
いや〜、フランス映画って、ほんと、これだから。
……というのは、ここではほめ言葉のつもりである。

(観てない人には「何のこっちゃ」でしょうが、この部分を明かしちゃったら意味がなくなっちゃうので、一応黙っときます。)

ちなみに、「8人の女たち」のほうも、なかなか楽しめる作品であった。
カトリーヌ・ドヌーヴなんて、まだ生きてた!ってだけでびっくりなのに(失礼。まだそれほどの年じゃなかったんですね。でも、「昼顔」とか、すごい古い映画に出てるしさ〜。)、ダンスシーンもこなしてましたからね〜。

「8人の女たち」「スイミング・プール」、どちらもお薦めできます。
個人的には、どちらかと言えば前者のほうが好きかな、設定としては。
一つの事件を巡って、登場人物たちの思惑が交錯し、それぞれ言い分が違っていて、事態が二転三転し、真相がどこにあるのか、なかなか分からない、という。
芥川龍之介で言えば「藪の中」(あるいは黒沢明監督「羅生門」という言い方でもよいが)、谷崎潤一郎で言えば「卍」、というところだろうか。
だから、古典的な設定ではあると言えるだろう。
(あれ、よく考えれば「スイミング・プール」もそうだっけ。……よく考えなくてもそうだっけ。)

ともかく、リュディヴィーヌ・サニエには、今後とも、期待大である。
(と言いつつ、これは日本人には酷な名前ですよね。
私もネットで調べてコピー&ペーストしてるだけで、このファーストネームは一生覚えられそうにない。
トホホである。)


←人気blogランキングへ
2006.01.23 Monday 18:14 | comments(3) | trackbacks(5) | 映画・演劇・ドラマなど |